読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

・・・

月日の経つのは早いもので・・あれからもう〇年・・なんて書くことが多い。年をとったからだろうか。でも、そう書かざるを得ないくらい時間の進みが早いのだ。その日その時を大切にしよう、なんて書いているのにそう出来ていない。徐々にあるいは急激な心身…

微妙なバランス

部屋の冷暖房の風や人の動きを感じて時々静かに動きます。球の中には小さな人形2体が入っておりバランスを取っています。こういうものには近づかない方がいいです。決して手で動かしたりしない方がいいです。 2個の網目状の球体は糸によって赤い棒の両端から…

入院 !?

昨年の秋のことである。ご近所の奥さんから聞かれたそうだ。「ご主人、入院された(されてる)んですか?」え?!、私はこの通り、普通の生活を送っているよ。 テレビを見ていると、容疑者の顔写真が映し出される。Facebookの写真が使われることもある。罪を犯…

1122

今日は「いい夫婦」の日だったんですね。忘れていました。次第に遠のいていくような・・。 www.fufu1122.com

一人、旅

「ただいま」と言ってもその返事はない。「誰もいるわけないよな」とつぶやき、さて、何しようかな。時間はたっぷりあるはずなんだけど、いつもと違う生活。やるべきことがないわけではない。何から手をつけていけばいいのやら。 身体を鍛えても優しくはなれ…

私の怖いもの

怖いものといえば「地震雷火事親父」と言われたりするが本当に怖いものって何だろう。 子どもの頃は確かに親父は怖かった。いつも怒られていたわけではない(叱られてはいたけれど)。ある時、何か口答えしたら 鼓膜が破れたんじゃないかと思うくらい一発食…

卒業

昨日、四十数年ぶりに「卒業」という式に参加した。卒業はこれまでに何回か経験している。卒業しようとしても呼び戻され、もう一度卒業を心掛けてもまた呼び出され、数回繰り返した末にやっと卒業できた..禁煙。 今回はそれではなく、一応、学びの場であった…

いつかは永遠の旅に

長い間一緒に暮らしてきた連れ合いがいなくなったら・・一人になってしまった妻あるいは私。 1泊の旅、1泊だけだから持って行くものは少なくて済む。極端な話、何も持たなくてもよい。基本的なものはほとんど宿泊先に備え付けられている。2泊、それなりに必…

1122語呂合わせ

今日は11月22日「いい夫婦」の日です。いいですね、仲のいい夫婦って。 喧嘩したことありません っていう夫婦がいますが、ホントだとしたら素晴らしい。我が家なんて日常茶飯事とまではいいませんが平均より多めです。(平均は??)険悪な雰囲気になったら…

体験植樹

荒れ果てた 山に緑を 期待して一人一本 体験植樹 体験植樹は国土交通省受付(大き目の苗木を数十人で1本、参加者費用負担なし)と NPO法人足尾に緑を育てる会受付(小さな苗木1本につき体験植樹経費として500円)が あります。今回参加したのは緑を育てる会…

冠水で 帰り道なし 立ち往生水道も 大雨降れば 断水に大雨で 断水になり 給水車断水で 慌ててスーパー すでになし給水車 水もらいたい 容器なし (補足)大雨特別警報です。記録的な大雨により川が増水して堤防が決壊、大きな被害となりました。私の住む町は…

生あるものは

命は永遠ではありません。いつかは死が訪れます。実家で長年飼っていた金魚にも最後が訪れたそうです。 maruyosi.hatenablog.com 小さな金魚がいつの間にか大きくなり、最後は35cmだったそうです。 (左/上:約1ヶ月前、手を触れてもおとなしかったそうです…

定年後の老いらく短し

いつものようにWeb記事巡りをしていたら「定年後の『老いらく』は短い」というのが目に入りました。 雇用延長で65歳まで働いた場合、退職後の元気な期間は男性6年、女性9年しかない。 漫然と働き続け、動けなくなったら要介護生活、という人生の最期も悲しい…

栃木パスポート

先日、道の駅もてぎを訪れた際、栃木パスポートに初めてスタンプをもらいました。栃木パスポートって何?あまり馴染みがないですよね。私が知ったのは昨年ですが、今回初めて利用しました。 本物の出会い 栃木パスポートtochigi-kankopassport.jp 栃木県内観…

ごめんなさい

ごめんなさい、「ありがとう」が言えなくて。ごめんなさい、「ごめんなさい」が言えなくて。ごめんなさい、すなおに言えなくて、すなおになれなくて。ごめんなさい。。

山を登り野を走る

ある大会に出た。街道を走った。ある宿場町で旧友を見かけた。その旧友は大会に毎年参加しているが、今年は授業があるからいないはずだった。それとも休憩中か。茶店のアルバイトを楽しんでいるようにも見える。 目の前に現れたのは絶壁。そこを攀じ登るのだ…

なぜかもう一つ

朝起きると、こんなもの(画像はリンク先へ)が置いてあった。そうか、今日は.. でも、そのお返しはしたことがない。「お返しはないよ、もうこれからは要らないよ」といつも言ってるのだ。それなのに毎年こうだ。正直、あまり感激はない。~いや、少しだけ嬉…

今だから、過去に遡れば

昨日。朝2時に目が覚めて3時になっても眠れなかったので起きることにした。熱いコーヒー※を飲みながらブログめぐりを一通り。更新されて間もないものもあった。結構遅くまで起きてるんだね。こ・・さん、今日も夜更かし?(※コーヒーは体を冷やす飲み物だ、…

ロコモ って何?

今ではしょっちゅう耳にするようになったメタボ、メタボリックシンドローム 内臓脂肪症候群、中高年40~74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボまたはその予備群だそうです。メタボとして診断される条件に、へそ周り○cm以上というものがありますが、…

最大のうわごと

結婚して以来の最大の大きさでうわごとを言っていたらしい。もちろん、何を言っているかは分からない。とにかく、大きな声だった、深夜だから隣家にまで聞こえたんじゃないか、と。初めてだ、一晩中続くので、どうにかなったんじゃないか、と。 一方、私はそ…

風邪を治す薬はない

昨日のお昼頃から私も咳が少し出るようになり、今朝はのどが痛くなりました。 桃の缶詰 - 五 差 路 薬箱の奥隅で長い間眠っていた薬を昨日の昼食後から飲み始めたのですが、効いてきたという感じはしません。効かないのに飲んでもしょうがないな、と用法をよ…

桃の缶詰

馬鹿は風邪ひかない…本当なんでしょうか。私はあまり風邪をひきませんが。。カミさんに風邪をひかれてしまいました。(文頭とは関係ないです) 一昨日、肩凝りとそれからくる頭痛で診察してもらったのですが、その際の検温で36度を超えていたと言うのです。…

認知症予防にウォーキング

物忘れが多い。名前を思い出せない。ヨッコラショと立ち上がっても、さて、何をしようとしていた。。最近、そういうことが多い。もっとも、これは私だけではない。年をとったんだなぁ。でも、これは老化現象であって、まだ病気の段階ではない、と思っている…

ある夫婦の会話(菓子)

「このゼリー、ちょっと固いね」「‥・ それは わ ら び も ち」 「半分っこして食べようか。はい、少ない方をあげるよ」「言い間違えじゃない? 大きい方、でしょ」 菓子の入った袋、以前見たときは3個、次に見た時には2個。よし、食べようと先ほど見たら小さ…

夢をもう一度

夢、いろんな夢がある。小さな夢、大きな夢、現実離れした夢、喜怒哀楽いっぱいの夢々…。子どものころ思い描いた夢、社会人となり現実を知った上での夢、退職してからの夢々…。実現できた夢、できなかった夢。いつの間にか忘れてしまった夢。老若男女問わず…

ハトが鳴く

以前書いていた別ブログに「ある夫婦の会話」シリーズがありました。 その「鳩」編です。 「鳩はどういうふうに鳴く?」 「グォッ じゃないから、ゥオッ、ゥオッ、ゥオッ...」 「え! その鳴き方? ククッ クッ ク~ッ、って聞こえるんだけど」 "はと"という方…

現実を考えると..

定年退職もきっかけとなって離婚したものの、経済的不安から再婚を考える。あり得ることかもしれない。しかし現実には、特に専業主婦の熟年離婚はなかなか踏み切れない問題であろう。離婚したらやがて生活できなくなる.. 私はそうさせたくはない。我慢して生…

ペット、家族

定年退職は私とボビー(愛犬)の幸せに介入してきた。誰が読むか分からないブログを書いている。 ↑ グサッと来ました。 人は外面だけじゃ分からない。生きようという姿勢、それが力を与えてくれる。必死に生きているものにそれ以上生きろと言えない。声を出…

実家で飼っている魚

実家では昔から最近までいろんなものを飼っていました。犬、猫、綿羊(手編みのセーターほっかほか)、山羊(毎朝新鮮な乳で健やかに)、伝書鳩(隣近所で大流行)、セキセイインコ(餌を散らすので掃除が大変)、亀(餌はマグロの刺身、冬越しは座布団にく…

夢、誰のため

随所にコーヒーを入れる場面が出てきた。酸味・苦味・コクなどそれぞれ好みが違う。そういう趣味嗜好や生活スタイル・人生観など異なるものが家族として暮らし、それぞれ自分の時間を持ち、そして、夢を持っている。 大きな人生の区切りをきっかけに、その夢…

55歳からのハローライフ

オムニバス形式5編 NHK土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」、今夜9時から 55歳になったあなた、55歳はまだまだだよと思ってるあなた、もう過ぎたかもしれないあなた、ちょっと気になりませんか。 原作は村上龍「55歳からのハローライフ」、主演は今夜第1話…

女房元気で留守が.. に一票

「ワシも族」「お前も族」「濡れ落ち葉族」を初めて知った。 ワシも族やお前も族は「女房元気で留守がいい!」を唱えるべし - 日日平安part2 自分や相手のことを「ワシ」「お前」と言うからか、と思ったがよく見ると「も」が入ってる。記事を読んでみて「…

4人に1人

昨年の夏のサボテンの花と一緒にいただいたものを、玄関脇に地植えして冬越しさせました。本来は鉢に入れて室内に取り込むのかもしれませんが、外で越冬出来るよ、と聞いたような気がしたので、雪が2回も降り積もった冬を体験させたのでした。 生きていてく…

いろいろな○活

カツと言えば私はトンカツ、ヒレカツを思い浮かべます。独り身の時はカツ丼をよく食べていました。○活といえば、最近よく目にするのは婚活です。生活スタイルや結婚に対する考え方が次第に変わってきてるでしょうし、また、交際のきっかけの一つである職場レ…

記憶にない思い出

実は、一つ前の記事に出てきた兄弟の一人が私なんだそうです。でも、そこに書いてあることについては全然覚えていません。つい最近、実家に電話したときに母から初めて聞きました。時々母に電話すると、同じことを何回も聞かされることがありますが、このよ…

食べ物の思い出

ある兄弟がいました。兄は4〜5歳だったでしょうか。ある日、兄は母に用事を頼まれてお隣の祖母宅へ行きました。帰ろうとしたとき、その祖母からリンゴを1個もらったそうです。すると今度はなかなか帰ろうとしません。祖母が聞きました。「リンゴを持って急い…

これ、役に立つの?

役には立たないでしょうけど、一応、頂きました。40年です。(免許取得後45.5年となります) 20年表彰状も持ってます。持ってたってどうしようもないので30年はパスしました。40年もパスしていたのですが、もらえるときにもらっておかないともらえなくなりそ…

親子の関係

「いつまで経っても、親は親、子どもは子ども」と言っていたがそうではなく、「いつまで経っても、親は親、子は子」だった。 子であることには間違いないがいつまでも「こども」ではなく、いつの間にか「おとな」になってる、ということ。これからは、「子」…

命名

今週のお題「名前」ということなんですが、はてなID、ニックネーム、ブログ名については以前すでに書いてますのでそのページへのリンクを載せておきます。IDやブログ名など --私の名前にどんな意味が込められているのかは聞いたことはありません。平凡な名前…

記録 -> タイムスリップ

2日前に「記録・記憶のために」を書きながら一部曖昧であった。記憶? 何を記録するの、そこまで必要あるの..? 最近、世界文化遺産に登録された富士山、その構成の一部として忍野八海。と、テレビから流れてきた。「そういえば、忍野八海へも行ったなぁ」「忍…

他人ごとじゃない

数世代同居が少なくなり、多くなる核家族。子どもは独立し残るは老夫婦。二人のときはまだいい、お互いに助け合える。一人になってもまだいい、自分で動ければ。動けない一人になったら誰が面倒見る。遠くに住む子ども、仕事を考えると同居は無理。近くに住…

一区切り

4日前はテクテク歩きを楽しみ、綺麗に咲いた花桃を眺めた。でも、3日前は起きた時から寝る時まで一日中花ならぬ鼻をかみっぱなし。夜寝るときはゲホゲホ咳き込んでいた。また、寝言を言ってたらしい。一昨日は朝から喉が少し痛くなった。時々ゲホゲホも。そ…

最後の勤務の引継後に

今朝の宿明けが私の最後の勤務でした。引き継ぎ終了後、F川さんから突然の..勤務の都合で昼食送別会には出られないから、と。 御礼と記念に、ここに保存しておきます。ありがとうございました。

叱る、怒る

部下を育てるのに「誉める・褒める」と「叱る」があります。(「叱る」と「怒る」は違うと私は思っています)叱られても奮起するタイプと落ち込んでしまうタイプがありますが、相手によって使い分けなければなりません。私は、公平に上手に育ててくれる上司…

アルバムの処分

この数日間、部屋のゴミの分別・整理を行なっています。あとで使うかも知れないと思って保存しておいても、何年間も使うことがなければそれはゴミです。そういうものがたくさんあるのです。多過ぎます。 思い切ってド〜ンと捨てましょう。〜捨てました。VHS…

コウモリの行方知れず

コウモリを間近で見たことがありますか。ベランダに洗濯物を干そうとしたカミさん、壁に黒いゴミが付いているので払おうとしたら、足らしきものがあってビックリ。お昼前に帰宅したら玄関脇の壁で私を出迎えてくれていた。家の中に入って数分後、写真を撮っ…

冠婚葬祭

この世に生まれ、育てられ、結婚し、今度は子を育て、やがて自分自身は老いて死を迎える。月日の経つのは私にとってますます早くなっており、また誕生日がやってきます。今度はいくつになるんでしょうか。最近は誕生日のお祝いをすることはありません。もう…

母の日

息子からカミさん宛てに電報が届きました。 家に帰ってくるのは年に2回あればいいほうですが、プレゼントだけは毎年欠かさず送ってくれてます。ありがとう。

健康がイチバン

ビッグサプライズ、プレゼントをいただいたのは、3/31の天気の荒れた日でした。晴れ上がった翌朝、土埃がいっぱい入り込んでいた庭を掃除をしていたカミさんは、夕方になって「喉がおかしい」と言い出し、咳が出始め、さらに翌日には、クシャミをしたら腰に…

思わぬプレゼント

息子たちが悪天候の中、帰ってきてくれただけでも嬉しいのに、思わぬプレゼントまであった。新しいiPad..本当に最後のPCとしてUltrabookが欲しいなと思っていたが、それを買う予定/言い訳がなくなってしまった(笑。普段はLinux、たまにWindows、それ以外は…

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
follow me in feedly