五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

キツネノカミソリ

キツネノカミソリヒガンバナ科、有毒植物だそうです。人目を引く花にはご注意!

f:id:saitoy05:20180818171018j:plain
f:id:saitoy05:20180818171017j:plain
f:id:saitoy05:20180818171020j:plain

みかも山公園の東口から南口へ向かう園内舗装路を約600m歩き、その後、中岳へ向かう傾斜地階段を上っていくと大田和群生地です。

f:id:saitoy05:20180818171023j:plain
f:id:saitoy05:20180818171022j:plain
f:id:saitoy05:20180818171021j:plain
f:id:saitoy05:20180818105534j:plain

茎の先に花が咲いていますが葉は見えません。(剃刀のような)細長い葉は夏に枯れて、その後に花が咲くそうです。葉がないのに花が咲いて狐に化かされたと感じたのか、花の色合いが狐のように感じたのか、狐の剃刀とは面白い名前です。

キツネノカミソリを撮った後は素直に東駐車場に戻る予定でしたが、狐に化かされたのか、中岳(210m)に向かって上り始めました。途中から呼吸ハァハァ心臓ドッキドッキしながらどうにか中岳へ。体を動かした(自分の足で歩いた)と言えるのは6月初旬のハイキング以来です。猛暑に耐えきれずぐったりした生活を送ってきており体力はありませんでした。もはや、どんなに化かされても青竜ヶ岳(229m)へも行く気力はありませんでした。

---
追記
キツネノカミソリ:早春に葉が出て初夏に枯れてから花茎を伸ばし花が咲く
ヒガンバナ:花が終わってから葉が出て翌春に枯れる
キツネノカミソリヒガンバナともに全草有毒、特に鱗茎

蓮の花景

梅雨の合間に蓮を撮りに出かけたのは6/19のことでした。

maruyosi.hatenablog.com

蓮の花の撮影は今年はこの1回だけでいいだろうと思っていたのですが、なんと6月中に梅雨明け、毎日暑い日が続いており家の中にいるよりは自然の中に入り込もうと、また撮りに行ってきました。古河総合公園の蓮、今年で3年連続となります。

maruyosi.hatenablog.com

f:id:saitoy05:20180703073109j:plain
f:id:saitoy05:20180703073624j:plain

蓮の花咲く風景を描いている方がいて、一休みしているところでした。
「この絵を撮ってよろしいですか」と声を掛けると「あ、いいですよ、私がモデルになるんですか」「(エッ、いやぁそのぉ…)」。
わざわざまた描き始めてくれました。すみませんね、後ろ姿で。 
f:id:saitoy05:20180703074526j:plain
本当は左側の景色をもっと入れたかったのですが、残念ながら「トイレ⇒」の案内がすぐそばにあったものですから…。

後ろ姿だけじゃ申し訳ないので横顔も控え目に。
f:id:saitoy05:20180703074336j:plain
写真を撮っていいということでしたが、それをブログに載せてもいいかどうかまでは確認していませんでした。快くモデルになってくれたので多分大丈夫でしょう。

f:id:saitoy05:20180703075019j:plain
f:id:saitoy05:20180703073320j:plain
f:id:saitoy05:20180703074458j:plain

訪れている者は意外と少なく数人だけ、暑すぎて暑すぎて私は30分間もたたずにサヨナラしました。

古河総合公園、のんびりと時間をつぶせるいい所です。
f:id:saitoy05:20180703075923j:plain

f:id:saitoy05:20180703080013j:plain
もうすぐ七夕ですね、早いなぁ。

観光放水と自然園

(初日)
maruyosi.hatenablog.com

(2日目 その1)
maruyosi.hatenablog.com

---
(2日目 その2)

黒部ダムの観光放水はその日から始まりました。なんとラッキーなんでしょう。(その日を選びましたけどね)

その日も暑かったんです。(7時15℃、13時18℃)
放水を見ても涼しくはなりませんでした。どこにいても暑くて、時間を持て余しました。

f:id:saitoy05:20180626132733j:plain
f:id:saitoy05:20180626140403j:plain
f:id:saitoy05:20180626134728j:plain

黒部ダムから関電トンネルトロリーバスに乗って扇沢まで、そこからは迎えのバスでお宿へ向かいました。

(2日目:5.7km, 100百歩)

そして3日目。

晴れ男も疲労が重なってきました。負けました。朝から雨が強くなったり弱くなったり、ちっとも止みそうにありません。2日間いい天気でしたからね、1日くらいは雨でも我慢するしかないです。

雨の中、ゴンドラリフト、ロープウェイと乗り継いで栂池自然園まで上っていきました。
ミズバショウ湿原では水芭蕉がまだ見られる、というので雨降る中、他の方々は出かけていきました。私は雨が弱くなるのを待っていたのですが…、意を決して外へ出たのですが風雨が強弱調子良すぎて…、チラッと見ただけで戻りました。

f:id:saitoy05:20180627105357j:plain

(3日目:5.3km, 95百歩)

ということで、3日間のツアーは終わったのでした。

---
本当は一眼レフを持って行きたかったが、二人分の荷物を持たなければならないためコンデジで我慢。
梅雨なのに初日・2日目は雨降らずいい天気、やっぱり日頃の行いは大切だ。(3日目は雨になったが、雨、というそれなりの思い出になった。)

雪の大谷 歩きたい

(2日目)

雪の大谷を歩いてみたい、以前からそう思っていました。
今年の立山・雪の大谷ウォークイベントは4/15~6/22、ということはもう終了ですね。
それではバスに乗って少しだけ雰囲気を味わってみましょう、雪の壁の高さは10mもないようですけど。

立山黒部アルペンルート オフィシャルガイド で確認していたのですが、室堂は連日10℃未満(13時)でした。気温が一桁というと寒いですね。
ところが、当日は晴れたんです。暑かったんです。7時13℃、13時17℃ もあったようです。さすが晴れ男、2日目もラッキー。

ということで… 立山駅からケーブルカー、高原バスと乗り継いで室堂へ。

雪の大谷
f:id:saitoy05:20180626095351j:plain

室堂平
f:id:saitoy05:20180626100920j:plain

立山玉殿の湧水
f:id:saitoy05:20180626102019j:plain

みくりが池
f:id:saitoy05:20180626101224j:plain
みくりが池を一周する時間はあったんですがそれは諦めてすぐ戻りました。

この後、トンネルトロリーバス大観峰へ。
f:id:saitoy05:20180626122938j:plain
f:id:saitoy05:20180626123105j:plain

ロープウェイで黒部平へ。
f:id:saitoy05:20180626125102j:plain

そして、ケーブルカーで黒部湖へと向かったのでした。(続く)

---
(初日)
maruyosi.hatenablog.com

39年ぶりのトロッコ列車

今から39年前の4月に先輩の新車でドライブしたことがありました。多分2泊3日です。
どんなルートを通ったのか覚えていませんが、狭くて長~いトンネルを通った記憶はあります。そして、
上高地帝国ホテルに宿泊したり、
f:id:saitoy05:20141006152413j:plain
高山に宿泊したり、
f:id:saitoy05:20180624143045j:plain
黒部峡谷鉄道 欅平駅まで行ってみたり、
f:id:saitoy05:20180624143105j:plain
そんな写真がPC内に10枚だけ残っています。

さて、数日前のことですが…(本日梅雨明けのようです)

梅雨が明けていないのにもう真夏のように暑い。黒部峡谷ロッコ電車も暑かったぁ。

宇奈月駅前 記念写真用?
f:id:saitoy05:20180625125842j:plain

信号が青、さぁ出発
f:id:saitoy05:20180625132809j:plain

うなづき湖と湖面橋
f:id:saitoy05:20180625133723j:plain

新柳河原発電所
f:id:saitoy05:20180625133815j:plain

黒部万年雪(鐘釣駅)
f:id:saitoy05:20180625143846j:plain

今回は宇奈月駅~鐘釣駅往復でした。

(歩行3.2km, 56百歩)