読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

私の怖いもの

時悠雑記 家庭社会

怖いものといえば「地震雷火事親父」と言われたりするが本当に怖いものって何だろう。

子どもの頃は確かに親父は怖かった。
いつも怒られていたわけではない(叱られてはいたけれど)。ある時、何か口答えしたら 鼓膜が破れたんじゃないかと思うくらい一発食らったことがあった。今でも覚えているのはその一回である。この私と違って普段は優しい父であった。

父と母は喧嘩しなかったそうである。いや、喧嘩にならなかったそうである。
夫婦いつも仲がいいというわけではない。何かがきっかけで口論が始まることもある。そんな時に母はプイッと知らんぷりしたそうである。(殴れるもんなら殴ってみろ、くらいは言ったらしい・・本当に殴ったら取り返しがつかないことになるから殴らなかったみたいだ。)
母は祖母から「男ってものはどうしようもないときがあるから、そういう時は女の方が一歩下がって知らんぷりすればいい・・」ようなことを聞かされていて、それを実行していたようである。
父は時々言ったそうだ。「お前はずるい。喧嘩しようにも知らんぷりして逃げてる」と。
(我が家とは違うなぁ。時代も違うけど。)

近くで火事の起こった記憶はない。火の元に十分注意すれば火事は防げると思っている。
外部から受ける火事は自分では防げない。でも、その確率は低いと思う。

雷、これは怖い。ここに移り住んで知ったのは雷が多いのとその怖さ。
光ってから数秒だからまだ遠くだ、と言ってるうちに、ズッス~ン、とてつもない地響きがした。ピカッ! 近くの鉄塔に雷が落ちた。カーテンを閉めたってその怖さは変わらない。でも、稲妻を窓から眺めるのが好きだったりする。
雷で停電になったことがある。あぁ、真っ暗だ、と玄関ドアを開けてみると、あれ、他の家には灯りが・・我が家の屋外のブレーカが飛んでいたのであった。
雷が近づいてきたら懐中電灯は確認しておこう。

雷は会社(建物内)で働いてる時も怖かった。
避雷針はあっても誘導雷がある。設備障害が発生したらそれを速やかに復旧させなければならない。いつ、どこに、どの程度の被害をもたらすか・・夜勤なんか二人だけになる。どうしてくれる。雷は怖かったなぁ。

雷に比べて台風はそう怖くはなかった。自宅は大丈夫かなぁ、と心配しつつ、会社にいれば建物が我が身を守ってくれる。まさか鉄塔は倒壊しないだろう、と。
どういうわけか、台風がやってくるのは私の夜勤の時が多かった。
ある晩、電話がかかってきた。「(墓場の近くで)火の玉が見えた。」
連絡を受けたのでゴム長履いて傘持って外へ出た。こりゃ無理だ、帰ってこれなくなる。
風が弱まってから現場へ確認しに行った。火の玉はなかった。設備にも異常はなかった。
台風の怖さランクは会社を辞めてからいくつか上がった。

地震、これはいつ襲ってくるか分からない。これまでに経験した大きな地震は二つ。
もっと怖いのは津波。一切合切なくなってしまう。

怖いのはやっぱり「自然災害」、そして最近思うようになったのが「病気」、怖い。

生きている

時悠雑記 季節の花

大きく口を開け牙を剥いているように見えませんか。(メドーセージ
f:id:saitoy05:20160725060029j:plain:w480
生あるものはいろんな表情を見せます。
よく見ると、小さな蟻んこもいますね。先日、家の中でくつろいでいたら私の腕でもぞもぞ遊んでいた1匹と同じです。(なぜ家の中に・・?)
外にいるならまだいいのですが、いや、庭のあちこちに蟻・蟻・・ごく小さいものから大き目のものまで多過ぎて困ります。
でも、私にとっては迷惑でも蟻さんは精一杯生きているんでしょう。

綺麗だねと買い求めた花苗を植え、毎日(?)世話をしていても、憎きナメクジが現れたり病気になったりします。鉢植えだとうっかり水遣りを忘れると元気がなくなります。地植えのものはいいですね、特に宿根草は。放っておいても大丈夫ですから。増えすぎて困るものもありますが。こぼれ種から発芽した草花も丈夫です。

狭い庭だけれど小さな苗木を植え、それが大きくなりました。大きくなり過ぎました。
脚立を使っても届かなくなったのでは困るので時々剪定はしているのですが、樹勢の強いものは剪定・刈込みに負けじと1年間でかなり成長します。
庭木の手入れを一度植木屋さんにお願いしたことがあったのですが、その仕事のいい加減だったこと、口うるさいだけでした。以来、庭木は私なりの手入れを続けてきました。
1年間=>私も一つ歳をとります。次第に私の手に負えなくなります。いつかはバサッと伐採しなければならない日が来ることでしょう。それまでは出来る限りの手入れをしていこうと思います。

(7/27 内容を一部修正しタイトル変更)

夏の薔薇と藤

旅歩足跡 季節の花 ☆とちぎ

あしかがフラワーパーク のメール会員(入会金年会費なし)になると会員限定割引券をもらえるというので登録してみました。
割引サービスの利用には割引券のプリントアウト、あるいは、スマートフォン等の画面提示が必要です。

今日は(も)珍しくお一人となったので、また、特別入園無料券も画面に出てきたことだし、暇つぶしに出掛けました。(7/1~2/28 300~700円、料金が変動します。)

アブラカタブラ:何の呪文?
f:id:saitoy05:20160723093036j:plain

ブラックバッカラ:怪しげな黒赤色
f:id:saitoy05:20160723093659j:plain

ジュビレ デュ プリンス ドゥ モナコ
プリンセス ドゥ モナコグレース・ケリーに、これは夫のレーニエ3世
f:id:saitoy05:20160723094832j:plain

しのぶれど:変わった色をしていて、なんか寂しげだな、と思ったら、
「忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで」(平兼盛) なるほど
f:id:saitoy05:20160723095603j:plain

ロートケプヘン:1枝に4~5花の房。グリム童話赤ずきん
f:id:saitoy05:20160723100627j:plain

希望:という名の薔薇。最近忘れていた言葉
f:id:saitoy05:20160723103805j:plain

メルヘンケニギン:なんとも言えない上品なピンク。おとぎ話の女王
f:id:saitoy05:20160723104146j:plain

ピース:平和の願いを込めて
f:id:saitoy05:20160723105031j:plain

藤の花咲く頃は大混雑ですが、今の時期はゆっくりと眺められます。

maruyosi.hatenablog.com

白藤
f:id:saitoy05:20160723102359j:plain

大藤
f:id:saitoy05:20160723102608j:plain:w305 f:id:saitoy05:20160723102632j:plain:w305

八重黒龍
f:id:saitoy05:20160723102943j:plain

大長藤
f:id:saitoy05:20160723103433j:plain

雨露天風呂

旅歩足跡 ☆とちぎ 575≒

数十年ぶりに国民宿舎を利用しました。

www.keizansou.jp

宿泊客は他にたった一組だけ、身体がポカポカと温まり肌がすべすべになる、ほんの少し硫黄のにおいが感じられる源泉掛け流しの温泉は貸し切り状態でした。
土曜日は混むらしいです。3連休の初日は満室だ、と言ってました。

渓流沿いの貸切露天風呂、そこから見る満天の星が綺麗だと評判のようです。
f:id:saitoy05:20160716062512j:plain
 満天の星見えず 雨露天風呂
さぞかし星が綺麗なんだろうなぁ、と翌朝入ってみてそう思いました。(初日は雨)
渓流を眺めながらお二人でいかがですか。
f:id:saitoy05:20160716062617j:plain

今年は水不足です。(川俣湖)
f:id:saitoy05:20160716094606j:plain

きりがみね~

旅歩足跡 575≒

先日、公民館主催の市民講座「(初心者向け)還暦からの山歩き」に参加しました。
日本百名山・花の百名山 霧ヶ峰八島ヶ原湿原から車山を歩く」、体力のない私でも大丈夫そうです。
なぜか以前から、霧ヶ峰白樺湖という地名になんとなく心惹かれるんです。

国の天然記念物及び日本の音風景百選にも選定されている八島ヶ原湿原を周遊した後、霧ヶ峰最高峰の車山に登頂して、高山植物や展望など“遊ぶ山”の夏を満喫して来る。
と案内文にあります。

しかしながら・・当日は一日、雨予報でした。
朝からの雨は弱くなったりしながら降り続き、青空を拝めたのは帰りのバスの中、遠くに見える家並みに射す西日がとても眩しそうでした。

 雨ハイク終え帰途につく 家並みに夕日眩しく 明日は晴れると

あ、この記事はもう帰途についてしまいました。
写真は一枚も撮っていません。コンデジは持って行かなかったし、久々に持ったGPSロガーは電源入れるのを忘れていました。

内容を簡単に・・八島ヶ原湿原は一応、一周しました。車山登頂はすでに時間がなくなっていたので諦めました。でも、白樺湖すずらんの湯に立ち寄る時間はしっかりと確保したのでした。

今回のハイキング講座の競争率は約2倍でした。抽選に外れキャンセル待ちだった方、残念でしたね、キャンセルは1名も出なかったそうです。
最後に、主催元公民館の担当の方、案内・説明のハイキング会の方、大変お疲れさまでした。ありがとうございました。

---
いつか訪れる日のためにブックマークしておいた、こみちさん(id:kazenokomichi)の
 2013夏の旅その2-八島ヶ原湿原に咲く花たち-
 2013夏の旅その3-車山高原-
などの記事は行く前に読んでおいたのですが、帰宅後に再び眺めることに。
晴れていればこうだったのか、でも、雨降っていてもそれなりの雰囲気を楽しめたよ(負け惜しみ)と。

---
しかし、これだけで終わらせなかったのです。その3日後に再び出掛けたのです。
今度はハイキングなしの単なる観光バスツアー「車山高原空中散歩とさわやか霧ヶ峰高原」です。

しかししかし、またもや・・

雨だった、

と思いましたか。思ったでしょう。ざんね~ん。晴れました。

「料金、高いねぇ」と3日前ハイキングで言い合っていたその展望リフト スカイライナー730m+スカイパノラマ869mに乗りました。(往復で1,600円、団体は1,440円)
乗り継いで約15分、車山山頂 標高1925mです。
2枚目には富士山がかすかに写ってます。 分かりますか。
f:id:saitoy05:20160712123521j:plain
f:id:saitoy05:20160712121308j:plain
f:id:saitoy05:20160712134701j:plain

 再挑戦 360パノラマに 富士も見えたよ 晴れて良かったね

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
follow me in feedly
その日その時・この1枚