五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

アッシー君、昔を思い出す

アッシー君はあるスーパーの駐車場で連れ合いの買い物が終わるのを待っている。
一緒に店内を歩いてもただ疲れるだけなのでいつも車に乗ったまま待っているのである。
しかし今の時期、暑い! エンジンを掛けてエアコンを効かせたりしながら待ち続ける。

乗ったまま、駐車場に出入りする車を眺める。
え?大丈夫かな、と思われる方が運転しているのをよく目にする。
まあ、見た目じゃ何とも言えないけれど、それに、私自身も運転が上手とは言えないし。
車に乗らなければ買い物にも行けない。年を取ったって運転しなければならない。
そういう現実なのだ。

・・
f:id:saitoy05:20170813161141j:plain:w300:right社会人となって4年目に中古車を買った。
程度は良く同年式他車と比べてちょっと高めではあったが、長く乗ろうと考えてそれに決めた。
翌年のお盆に初めてこの車で帰省した。

すぐ前をある車が走っていた。結構長い時間・距離、同じ道を進んだ。
その車のテールランプが気に入ってしまった。気に入った~!

f:id:saitoy05:20170813161142j:plain:w300:right長く乗ろうと考えていたはずの中古車だったが、その年の秋には新車になっていた。
冬にはスノータイヤに履き替えた。雪のない道を走ると戦車のような音が響いた。
大事に大事に9年間近く乗った。

ほんとはもっと乗りたかった。
しかし‥ 車の内張り(天井)が剥がれて垂れ下がってきたのである。
最初はルームランプスイッチの所に紙をはさんでその垂れ下がりを抑えていた。
何かの拍子に紙が外れると内張りが垂れ下がる。戻そうとすると粉が降ってくる。
特に夏がひどかった。暑い夏、車の中は熱い。粉も舞う。
仕方なく、コンパクトな車に買い替えた。子どもには不評だった。
そうだよね、前の車の方がカッコ良かったよね。私のお気に入りの車だったんだから。
・・

車の中は熱い。
車を降りて店内に入っていくとちょうどレジで支払いを終えたところだった。
買い物を終えた頃を見計らって店内に入る‥ いつもは失敗、今日はグッドタイミング。
アッシー君はこれからも買い物に喜んで(←?、仕方なく!)付き合うことだろう。

いろんな音

迷走長寿台風が過ぎ去った昨日は最高36.9℃ととても暑かった。
夕方からは予想しなかった急な雨、外は少し涼しくなっただろうけど窓を開けられず、また寝苦しい夜になった。
シャワーを浴びていると、雨の音に負けまいと虫たちが鳴いていた。もう秋気配?

夏、自宅庭で何十匹というセミの抜け殻を集めることが出来た年もあったが、最近はほとんど見かけなくなった。
昨日よりとても涼しく感じる今日、セミの鳴き声が聞こえてきて「夏なんだなぁ。」
ミーーンミンミンミンミーーン、ジジジジジジリジリー
子どもの頃、セミ取りしたなぁ。あ!もうちょいだったのにひっかけられたぁ。
オジサンに教わったように樹の幹を足で思いっきり蹴ったら、上からセミが落ちてきたことがあった。セミも自分自身もビックリ。(この経験は一度だけ)

今は部屋に居ながら、虫たちの鳴く声を楽しんでいる。
セミが鳴いてなくてもパソコンのファンのような小さな連続高音※が常に聞こえる。
ごくごく小さな音だから生活への支障はないけれど、楽しめない音。
洗濯物がバタついてきた。

(※ ニイニイゼミのジーーーーよりもっと高音の連続音かなあ?)

ニイニイゼミの鳴き声(パラボラ集音マイク使用)

好きなように生きる?

この世に授かり育てられ、やがて就職自立し、結婚育児、退職、そしていつか訪れる死。
その間、いろんなことがある、あった。

自分のことは自分で決める。
他の人や世間一般はそうかもしれないが自分はこうだ、と端から撥ねつけない。
かといって、多数決に傾くのではない。
決めかねるときには意見助言をありがたく頂く。その助言を参考に自分で決める。

理想論だが、自分のことだったらそのように行動できる。自分のことじゃなかったら‥。
自分のことは自分で決めてきたんだから相手に押し付けは出来ない。
助言しようとしても相手が受け付けなかったら・・どうすればいいんだ。

病気になる前に好きなように生きる。病気になったら好きなことは出来なくなる。
その病気を治そうとしないの? 諦めちゃだめだよ。

でもなぁ~。
どうせいつかは死が訪れるんだ。だったら、今、そしてこれから、出来ることは何か。
今・この時をそれなりに(楽しく)生きていくしかない。

マイナス面だけ考えてないで開き直ってみたら少しは楽になった。

月日が流れる・・ 生きていくためには・・
健康な心と体、それを維持していくための環境、資金。

幸せって何だろう。
親と子、夫と妻、嫁と姑、世間はどの程度うまくやってるんだろう。

夢見る時悠生活には程遠い毎日である。心の余裕が欲しい。

(コメント返信できません)

サービス終了の記念に

ADSLが我が家にやってきた2001年秋、いわゆるホームページなるものを作成しました。
「maruyosi's Home」 www.h7.dion.ne.jp/~maruyosi/
でも、今年の10/31をもってそのホームページを提供するサービスは終了となります。

ということを以前書きました。

maruyosi.hatenablog.com

そのホームページ(ウェブページ)は、まさに、こつこつとHTMLを書いたものです。
ブログ中心になってからはそのホームページの更新は少なくなりました。
もうすぐ迎えるサービスの終了、もう何年間も更新していなかったとはいえ、終了となるとやはり寂しくなります。
こつこつとHTMLを書いていたんだぞ! と言ったって、もうすぐ消えてなくなるんです。
新しく始まるサービス、そして終了するサービス、時代に応じてサービスは変わっていきます。

記念にスクリーンショットをとっておくことにしました。
全部とるわけにはいきませんので、メインのコンテンツだったDebian GNU/Linux関連のページだけとします。


f:id:saitoy05:20170808080059j:plain:w300 f:id:saitoy05:20170808080102j:plain:w300
f:id:saitoy05:20170808080101j:plain:w300 f:id:saitoy05:20170808063739g:plain

家族にはPCの勉強だと言ってLinuxで遊んでいました。
経験・知識のない状態から始めましたので、他の方の「Debian初級からの脱出」などが大変役に立ちました。
インストールしてはいろいろ設定・変更、ある程度分かってきたら再度クリーンインストールからやり直す、ということを行いました。
その再現性の確認・備忘録として、また、これからLinuxを始める方への参考になれば、と「Debian初心者の足跡」等を作成したのです。
そして、遊びながらの勉強結果も出そうとLPICという資格の取得も目指していました。
遊びながらという趣味の範疇でも一応LPIC2まで取得できました。LPIC3は自機で試したことのない分野で難しそうだったのでトライしませんでした。
それよりだいぶ前には無線関係の資格取得に頑張った時期もありました。

maruyosi.hatenablog.com

以前は意外と頑張っていたのですが、最近の踏ん張りのなさといったら・・。

残暑見舞い

立秋とは名ばかりで暑い日が続きますがいかがお過ごしですか

そうだ、今年は残暑お見舞いを出そう。

これまで年賀状は毎年出してきましたが、もうやめようと思うたびに枚数を少しずつ減らしてきて、今年は全然出しませんでした。頂いても返事も出さなかった冷たい人! ですが連日の蒸し暑さにかなり熱くなってます。頭がぼ~っとしてきて思いついたこと… そうだ、年賀状に代えて暑中/残暑見舞いを出すことにしよう。

年賀状作成の時期は何かと忙しい(ことにする)、印刷だけのものを頂いてもちっとも嬉しくない(手書きでちょびっと書き添えたりしましたが)、どうせ印刷だけなら、受け取る枚数はおそらく少ないであろう今の時期に、私は生きているよという証・時候挨拶だ、と思ったのです。受け取った方は、何だ!? と気に留めてくれるでしょうか。

かもめ~る(くじ付きはがき)の絵入り「金魚」は売り切れ、仕方なく「花火」を買ってきましたが、印刷したら5枚ほど紙送りに失敗しました。ギリギリ枚数しか買わなかったので、あちゃ~。新たに買い求めた(手数料払って交換した)5枚のうちさらに3枚が失敗、十数年前のプリンタはそろそろ買い替え時ですか?
暑い夏(毎日の生活)を乗り切るのが昨年あたりから心身しんどくなってきています。
これから先、私からの暑中/残暑見舞いは続くでしょうか。

 

follow me in feedly