読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

秋めいた朝に

575≒ 四季折々 季節の花

キンモクセイが咲き、葉が舞い落ちる季節になりました。

f:id:saitoy05:20160927103917j:plain:w200 f:id:saitoy05:20160927102818j:plain:w200 f:id:saitoy05:20160926132544j:plain:w200

窓を開け 匂い彩り 秋模様

濡れ落ち葉 乾くまで待つ 雨上がり

雨上がり 落ち葉と想い 掃き集め

落ち葉掃き 腰痛よりも 蚊の痒み

落ち葉掃き かゆみと想い 一杯に
 

夢の話は?

時悠雑記

f:id:saitoy05:20160919144912j:plain:w150:right寝るには早いかなと思いつつ室内照明をオフにした。
すぐには真っ暗にならずホタルックの光が残る。
やがて眠りにつく。いや、なかなか眠れない。
いろんなことが浮かんでくる。これまでのこと・・。
よく覚えていないが、「あ、これは夢であってほしい」と思ったその時に目が覚めた。
夢であってほしいと思ったその夢は何だったんだろう。

「今日のお昼は外食しない?」と誘われた。「友達から先日聞いたそのお店に。」
今日は雨が降ったり止んだり、あまり気が乗らなかったが、こういうときに断るものではない、と近頃悟ったので出掛けることにした。
駐車場は5台だけと少ない。我々が着いたのは開店10分前、2台がすでに停まっており3台目が停めようとしていて、我々は4台目だった。「良かったね、停められて。」

ところが、1台が開店を待たずに去っていった。家族連れで来ていた左隣の車から一人降りたと思ったらすぐに乗り込んで去っていった。今度は右隣の車が・・。
ガ~ン、昨日今日と連休だった。10分間の期待は無駄に過ぎ去った。ゴ~ン。

「それじゃ(自宅の)近くに行こう」という提案に、大丈夫かいなという不安は言い出さずに素直に従った。「先着5名様限り\1980が\500というのがあるよ」「(もう11時半過ぎてるから・・)」私は口に出しては言わなかったけど雨の音は強くなってきた。

二つ目のお店に着く頃には雨は小降りとなってきた。もう5台以上が停まっていた。
しかし、誰もがその\1980を頼むわけではない。\500になるよ、とお店の中に貼りだしてるわけでもない(多分)。
「これ(\1980⇒\500)まだありますか?」「はい、ありますよ!」
海鮮丼 極、祝日でも提供するんだね。

ある日、「こういうものが引き出しから出てきたよ」と言われたのが金銭出納帳。
そういえば昔、少ない小遣いの使い道を書いていたっけ。全部お見せできないからその切れっ端を載せておく。
f:id:saitoy05:20160919145715j:plain:w300
フィルムを何本か買ったようであるが、パソコンに取り込んだ私の写真にはその頃のものはない※。アルバムに貼った写真を全部パソコンに取り込んだわけではないが、きっと、多く撮ったけどいい写真はなかったんだろう。いや、仕事で忙しかったんだ。(そのフィルムはどうした?)

今日は雨が降ったり止んだり、明日も降りそうだ。夢の話は流れていった。

(追記)
※子どもの写真がたくさん残っていた。あの頃は可愛かったなぁ、二人とも。

ランタナ

季節の花 時悠雑記

f:id:saitoy05:20160917151205j:plain

この花はとても丈夫ですね。落葉して見苦しくなったのでかなり大胆に切り戻したものや、伸びすぎた枝を切り取って適当に地面に挿しておいたものが大きくなり、花の色に変化をつけながら咲いています。
我が家では毎年地面近くまで切り戻しているので大きくなったものを見たことがなかったのですが、あるとき私の背を超えたビッグを見たときはビックりしました。
とにかく丈夫そうです。国際自然保護連合「世界の侵略的外来種ワースト100」や環境省「要注意外来種生物リスト」に指定されていることをさっき知りました。

でも、丈夫ってことはいいことですよ。体が丈夫、心も強い、心も体も健康! 常にそうあればいいことです。今年の年賀状には「健康が一番」と書いていたんですが・・。
病気になると、体だけではなく心まで病んでくる、言動がきつくなってくる、いいことないです。
病気にならないためにはどうすればいいか、それは普段から・・もう分かり切っていることです。それができないから・・現実となってから悔やむんです。悔やむよりは反省しなさい・・もう遅いんです。悔やむことにならないように普段から・・(と、また言う)

男心・女心と秋の空 を書こうかな、と思っていて七変化を見たら、ちょっと違う方向へ進んでしまいました。おわり。

近況報告 のつもり

時悠雑記

ある晩のこと。寝ていると何やら怪しげな音がした。
耳を澄ます・・(静寂)・・・あ、また音が。
蚊? いや、違う、ぷ~ん じゃない。
ネズミ? いや、違う。それじゃ、コウモリ??
??
な なんと、自分のお腹からだった。
ちゃんと夕食を食べたのになあ。

--

昨日、2ヵ月ぶりに芝刈りを行った。狭い庭であっても私には大仕事。
前回よりも丁寧に刈り込んだので10時から16時ころまでかかった。
刈り込みバサミでジョリッジョリッ。長く伸びてるのでそう聞こえる。
三分の一くらい終えたところでの昼食は柿ピーでごまかし、頑張った。
ジョリッジョリッ。疲れたのなんのって。三分の一残そうかと思った。

この日は涼しかったし、日中の雨はなさそうだったので、始めたのだ。
翌日は雨予報だ、数日間できなくなる、これくらいで止めるのか、と。
ジョリッジョリッ。あと六分の一・・あともう少し、さあ頑張れ、と。

最後のジョリッ。もう疲れたのなんのって。やはり一人じゃ大変だよ。
シャワーを浴びて体重を測る・・この数か月間で3kg減った痩せ体。
それがさらに1kg減のレッドカード状態。でも身体動かしたからだ。
そう言い聞かせながらビール、そして夕食。よし1kg取り戻せたぞ。

この夏は暑さに負けてゴロゴロするばかり、体を動かしたのは久々だ。
今日は体のあちこちが痛い。でも、雨が降ってるのに気分は悪くない。
普段から少しでも動いていれば身も心も健やか爽やか!だったろうに。

--

芝刈りを始める前に朝顔のカーテンネットを片付けた。
大輪だよ、と言われてもらってきた朝顔の種。
数年前にゴーヤのカーテン、その後は緑のカーテン無しだったが、花の咲くカーテンもいいかな、と期待しながら植え付けた。
植え付けが少々遅かったので開花も遅かった。やっと咲いた、一つ。しかし・・
あんれ~、元気がなくてお昼近くを感じさせるし、しかも小さいよ~。
翌日また咲いた。やはり一つの青い花。その数日後また一つ、累計三つの青い朝顔
さらに待つこと数日、あちこち咲き始めた。またもやしかし・・
ちっとも大輪じゃなく、しかも白・白・・なんだよ。
ガッカリしたなぁ。朝顔らしい色じゃなくて白(白さんゴメン)、白なんだよ。
結局、朝顔のカーテンと呼ぶにはスカスカで、綺麗さ涼しさを楽しむこともなく、いつしか秋の気配を感じるようになってしまった。

この朝顔の種をくれた方、実はその方も「大輪の朝顔」ということで他の方から頂いたんだそうだ。でも、咲いたのは白・白・・ 我が家よりも何倍もある大きな白花カーテン。

メール削除できない

~多差路~

次のメッセージが出てメール削除できなくなりました。

【このメッセージはメールボックス"ゴミ箱"へ移動できません。】

ネット検索すると、どうやら以下の手順で直るらしい・・

【設定/メール/連絡先/カレンダー/アカウント(◎Eメール)/アカウント/詳細/
 メールボックスの特性-削除済メールボックス
 サーバ上の Deleted Messages から IPHONE ゴミ箱 へ変更】

f:id:saitoy05:20160911100217p:plain:left:w200しかし、私のiPhone5では アカウント/詳細 ではなく アカウント/詳細設定、しかも、メールボックスの特性 の項目がありません。
ゴミ箱をサーバからiPhone本体へ変更することができません。
この際、Eメール設定プロファイルを一旦削除してから再インストールしようか、とも思ったのですが、思い止まってネット検索をさらに続けました。すると・・

au iPhoneでのプロファイルは最近は ◎Eメール ではなく Eメール である。
 現プロファイルを削除しないで新たなプロファイルをインストールできる。】

・・らしい。それなら試してみましょう。
メッセージアプリで 宛先 #5000、本文 1234 で送信。その後、届いたメッセージに従って新たにプロファイルをインストールしました。
f:id:saitoy05:20160911100216p:plain:w200

新たなプロファイル・アカウントでメール送受信できるのを確認後、これまでの◎付プロファイルを削除して、めでたしめでたし。

f:id:saitoy05:20160911100218p:plain:left:w200なお、ゴミ箱はデフォルト設定(サーバ上)のままです。

以上、私はまだ au iPhone5 を愛用しているのでした。iPhone7・・どうしようかな。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
follow me in feedly
その日その時・この1枚