五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

裏磐梯へ

「帰省※1の帰りに寄りたい所はあるかい」に対する返事の一つが「だいぶ前に行った五色沼…!?」だったので行程を検討してみたが、やはり時間的に無理があるため諦めていた。でも、その検討のために買ったドライブガイドを無駄にしたくはない(それだけの理由ではないが)。

 ※1 https://maruyosi.hatenablog.com/entry/2017/09/07/054342

maruyosi.hatenablog.com

行ってきた。私はバスツアー※2で毘沙門沼を訪れているがマイカードライブは初である。

 ※2 http://d.hatena.ne.jp/saitoy05/20091021#1256114465

d.hatena.ne.jp

今回、たまたま設定した日が紅葉シーズンだった。平日だけれど混むだろうな、でも決めちゃったしな、まあいいっか。。さて、その結果は?

磐梯河東IC ~(磐梯山ゴールドライン)~ 山湖台(東に磐梯山、南に猪苗代湖) ~ 黄金平<通過> ~ 檜原湖遊覧船<省略>・五色沼

見頃まではもう少し。観光客少ない。

(山湖台)猪苗代湖
f:id:saitoy05:20171012132600j:plain

裏磐梯物産館裏手の五色沼西入口から母沼・父沼・柳沼・青沼・瑠璃沼を往復。

青沼
f:id:saitoy05:20171012145905j:plain
f:id:saitoy05:20171012150716j:plain
瑠璃沼
f:id:saitoy05:20171012150401j:plain
父沼
f:id:saitoy05:20171012152131j:plain

KEY COFFEE看板の裏磐梯茶屋に入ってみた。メニューには「コーヒー(トアルコトラジャ)」とある。おぅ、久しぶりに飲める。

その茶屋の山親爺さん曰く、
・コーヒーを飲みに来る人でトアルコトラジャを知ってるのはほとんどいない。1000人に5人くらい。
・夫婦は年取ると会話が少なくなり座る席が離れる。先日の70代は向かい合わせだった。
(3人掛けくらいのテーブルを「コ」の字型に配置してある。我々はL字に座った。)
・女の人の多くはおしゃべり好きだからグループで行動する。一人歩きは品のいい人が多い。その人の周りには気品ある人があまりいないから。
・(あ、磁石付きなんだ、と言ったら)「磁石」で年代が分かる。若い人は「マグネット」と言う。

 ホームページ「ようこそ裏磐梯茶屋へhttp://www.geocities.jp/kuraen83/
 ブログ「裏磐梯茶屋日記http://white.ap.teacup.com/tyaya/

桧原湖
f:id:saitoy05:20171013074420j:plain

(磐梯吾妻レークライン)~ 三湖パラダイス(西に小野川湖 桧原湖、南に秋元湖)<通過> ~ 中津川橋(中津川渓谷) ~(磐梯吾妻スカイライン)~ 双竜の辻(磐梯山安達太良山)<通過> ~ 浄土平(吾妻小富士) ~ 不動沢橋(つばくろ谷)<通過> ~ 福島西IC

み ご ろ、見頃。でも、観光客少ない。

(中津川橋)中津川渓谷
f:id:saitoy05:20171013095352j:plain
(浄土平)吾妻小富士
f:id:saitoy05:20171013105537j:plain

今回はザーザー雨ではなかったが天気に恵まれなかった。視界不良で<通過><省略>した所は天気が良ければさぞかしいい景色だったんだろう。残念。

ところで、達沢不動滝っていい所らしい。今回は予定に入れなかったが機会あれば…。

・・
わざわざ平日に高速使って遠くまで出掛けたのに、土産など買っちゃえば天気が悪いとは言えもう観なくてもいい帰ってもいいみたいな雰囲気は私にとっては消化不良みたいで、また、運転する者もただじっと座ってる者もお互いに疲れるし、これからは県内でいいや、と思った。

広告を非表示にする