読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

久々に読書でも

五感娯楽

以前にも書いたのですが、私はあまりテレビは見ません。というより、単身赴任から帰ってきたらチャンネル権がなくなっていた、というのが正しいかもしれません。
とは言いながらも、カミさんはテレビを見ていますので、私もついでに見ることがあリます。
名もなき毒」と「半沢直樹」を先日、それぞれ1回だけ見ました。なかなか面白そうですね。遅ればせながらこれから毎週見ることになるかもしれません。

ところで、テレビドラマや映画が面白いからといってその原作本を読むことはほとんどしません。
(それ以前に、ちっとも自慢にはならないのですが、単身赴任解消後もう10年以上も読書はしていません 自分では文庫本を買っていません。)
ところが、id:shobunoさんのブログ記事に「勧善懲悪、昔の時代劇的な展開で、読者をスカッとさせてくれるお話」「疲れたオジサン向けの娯楽小説なのかも」とありました。

そうきましたか、そうですか。それなら、水戸黄門の最後のシーンが好きな者としては、最近すっかり老けた感じの私としては、ぜひとも読んでみなければなりませんね。
ということで早速「半沢直樹」買ってきました。(まだ読んでません。感想は書く予定はありません)


宮部みゆきファンなので「名もなき毒」も買いましたよ。
せっかくですので、宮部みゆきの「レベル7」を紹介します。(原発のレベル7とは全く関係なし)
レベル7まで行ったら戻れないー
謎の言葉を残して失踪した少女を探すカウンセラーと記憶を失った男女、やがて
交錯する二つの追跡行。
1990年刊行のサスペンス・スリラーです。


ついでに、岡嶋二人クラインの壺」も紹介します。
聴覚嗅覚味覚触覚、全てが現実そのままに感受される驚異の疑似体験ゲーム機。
そのテストモニターが姿を消し、謎の組織が動き始めた。
1989年刊行の岡嶋二人(井上泉&徳山諄一)最後の作品です。


どちらも20年以上も前の作品ですがご容赦を。当時の感想はともに★★★(満点)でした。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
follow me in feedly