読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

吊橋 と 山かんむりに弗

ミステリー5つのポイント(紅葉ミステリー 日帰りバスツアー
1 ○○○の○でプチケーキのティータイム
2 ○○のお土産ショッピングが楽しめます
3 紅葉の○○○吊橋散策ができます
4 ○○弁当の昼食付き
5 百万年の歳月をかけた浸食で見事な岩肌を創りあげた○の○○○散策

バスは鹿沼ICから東北道を北上、那須ICを降りて小休憩後、那須街道を北上。

つつじ吊橋
f:id:saitoy05:20141027105218j:plain
八幡のツツジ群落と殺生石とを結ぶ、長さ130m、川からの高さ38mの無補剛桁歩道吊橋。
栃木県内ではもみじ谷大吊橋320mに次ぐ長さ、瀬戸合峡わたらっしゃい吊橋100mに次ぐ高さ。
直径65mmのワイヤーケーブルで支え、体重70kgの人が560人乗っても耐えられる、とは言うものの、
歩いていてゆらりゆら~りと揺れて、少々楽しめる。
この付近の紅葉はちょっと遅かった。

甲子道路へ抜けて、南会津下郷へ。

塔のへつり
f:id:saitoy05:20141027130512j:plain

f:id:saitoy05:20141027130810j:plain

f:id:saitoy05:20141027130506j:plain

f:id:saitoy05:20141027130726j:plain

f:id:saitoy05:20141027131812j:plain

f:id:saitoy05:20141027130846j:plain

へつり(漢字は山冠に弗)とは会津方言で、断崖、絶壁、急斜面、川岸などの険しい道などを意味する。
百万年の歳月が浸食と風化を繰り返し創りあげたらしい。国の天然記念物。
ここの吊橋も歩くと結構揺れる。手摺が低く落っこちそうな気がしてやや怖い。
対岸に渡ってからも歩ける箇所は狭く傾斜しているため、やはり落っこちそうな気がする。
雨が降って濡れているときや混雑してる時は止めておいた方がよさそう。

国道121号を南下、国道400号を東進。西那須野塩原ICから東北道へ入ろうとしたが渋滞とのことで
国道4号を南下、しかし、こちらも混んでいた。矢板ICから東北道へ。

このミステリーツアー、乗客はおばさんが多い。私は若すぎて..(笑。
バスガイド、昼食弁当付き、\3kでお釣りが\1、意外とリーズナブル。このツアーは何回目だろう。。
と、ふと思った。この料金はひょっとしてシルバー料金?
まあ、いいや。また利用させてもらおう。

こたえ
1 お菓子 城  那須  3 つつじ  4 山菜  5 塔 へつり

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
follow me in feedly