五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

まさかの事故?

まさかの雪で危ぶまれたちょい旅の2日目の朝。阿寒湖の夜明けを見たいと朝風呂も我慢し外へ出てみたのですが、何も見えませんでしたよ。でも、思ったよりも暖かかったこの朝の霧は、その日の晴れを期待させてくれました。

前日は暗くなってから着いたのにこの日の出発は7時半と早く、ロビーに荷物を置いての朝食でした。何しろ、北海道でっかいどう・欲張りの駆け足・団体バス旅ですから。

摩周湖と言えば、神秘の湖・霧の摩周湖布施明と思い浮かべますが、夏場は霧で見えないことが多いそうです。
でも今回は10月、よく晴れました。(ン十年前の5月のときもよく見えました。)

知床五湖に向かう途中、オシンコシンの滝に立寄りました。
滝の白さを出すために顔は暗目にしてあります(笑。

知床五湖に着きました。
一湖の湖畔展望台まで往復1.6km,約40分とマップにありましたが、我々の滞在時間は残り30分間です。若いので急ぎます。後ろを振り返る余裕はありません。(その方がいいかもしれません。)



湖畔展望台でグルッと回ってみます。次第に混んできました。何でも早め早めの行動が大事です。

(アプリはPhotosynthを使ったんですが、iPhone5標準のカメラパノラマと、どちらがいいんでしょうか。使いこなしていないので分かりません。)

遅めの昼食後に、オホーツク海を背に記念写真を撮ってみました。少々疲れてきたように見えますか。

車窓からの網走駅です。駅への階段右側に縦書きの看板があります。

網走の天都山ではオホーツク流氷館に入って-13.6℃の部屋を体験したのですが、その前に12分間のビデオがあり、滞在30分間では展望台までの階段はソフトクリームを食べながら昇らざるを得ませんでした。
クリオネです。流氷の天使と呼ばれて見た目は可愛いですが、実は、餌の捉え方が「エッ!?」なんです。

さて、あとは層雲峡までひた走るだけです。ところが..
横転して間もないと思われる乗用車がトンネル(2車線対面通行)出口近くにあり、危ないところでした。事故車の前方に回り込みましたが、ドアが1枚外れてるように見えました。どういう状態で事故ったのでしょうか。
運転手と添乗員、ガイドさんが現場確認しましたが、車内には人影が見られないとのこと。
発煙筒をたき、非常電話から連絡したのですが、他の箇所でも事故があってすぐには来れない、と言われたそうです。
対向車が脇を通り抜け、事故車の後方に出来た車列もなくなり、まもなく我々もその場を離れましたが、途中、赤色灯点滅の車とすれ違いました。

ということで、お宿に着いたのは7時。15分くらいたってすぐ夕食でした。慌ただしいですね。
翌朝の出発は7時50分です。夜のイベントはありませんので、ゆったりと温泉に浸かり、11時ころにはお休みなさ〜い。

2時過ぎに目が覚めました。1時間たっても眠れないので深夜のお風呂、その後も眠れずに朝を迎えました。

(107百歩)

大快晴、いいね へ続く)

【北海道ちょい旅 2  3 

 

広告を非表示にする
follow me in feedly