五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

サービス終了の記念に

ADSLが我が家にやってきた2001年秋、いわゆるホームページなるものを作成しました。
「maruyosi's Home」 www.h7.dion.ne.jp/~maruyosi/
でも、今年の10/31をもってそのホームページを提供するサービスは終了となります。

ということを以前書きました。

maruyosi.hatenablog.com

そのホームページ(ウェブページ)は、まさに、こつこつとHTMLを書いたものです。
ブログ中心になってからはそのホームページの更新は少なくなりました。
もうすぐ迎えるサービスの終了、もう何年間も更新していなかったとはいえ、終了となるとやはり寂しくなります。
こつこつとHTMLを書いていたんだぞ! と言ったって、もうすぐ消えてなくなるんです。
新しく始まるサービス、そして終了するサービス、時代に応じてサービスは変わっていきます。

記念にスクリーンショットをとっておくことにしました。
全部とるわけにはいきませんので、メインのコンテンツだったDebian GNU/Linux関連のページだけとします。


f:id:saitoy05:20170808080059j:plain:w300 f:id:saitoy05:20170808080102j:plain:w300
f:id:saitoy05:20170808080101j:plain:w300 f:id:saitoy05:20170808063739g:plain

家族にはPCの勉強だと言ってLinuxで遊んでいました。
経験・知識のない状態から始めましたので、他の方の「Debian初級からの脱出」などが大変役に立ちました。
インストールしてはいろいろ設定・変更、ある程度分かってきたら再度クリーンインストールからやり直す、ということを行いました。
その再現性の確認・備忘録として、また、これからLinuxを始める方への参考になれば、と「Debian初心者の足跡」等を作成したのです。
そして、遊びながらの勉強結果も出そうとLPICという資格の取得も目指していました。
遊びながらという趣味の範疇でも一応LPIC2まで取得できました。LPIC3は自機で試したことのない分野で難しそうだったのでトライしませんでした。
それよりだいぶ前には無線関係の資格取得に頑張った時期もありました。

maruyosi.hatenablog.com

以前は意外と頑張っていたのですが、最近の踏ん張りのなさといったら・・。

川柳ですって

1「続き読む そのあと読んだ 気配なし」

記事が長くなる時(場合によっては短いときも)~続きを読む~を入れる時があります。
本文数行だけですぐに~続きを読む~がくれば、興味があるけどまだ何が書かれているのか分からなければ次に進まざるを得ません。続きを読んでがっかりすることは意外と多いですけど。
項目が数点あって一つ目だけを紹介し、二つ目以降は~続きを読む~に進んでね、という書き方もあります。

先日、ある記事を書きました。リンクを3点載せ、1点目の説明の後に空白2行、そして~続きを読む~を入れました。
でも、1点目のリンクは意外とクリックしてくれたのですが、~続きを読む~以降のリンク2点はクリックがほとんどなかったです。
~続きを読む~の前に空白2行が入っていたため、パッと見、~続きを読む~が目につきにくかったのか、あるいは、1点目の説明で~もういいや~となったのか、多分、…
もういいや。
結局あとでその~続きを読む~は削除しました。2点目以降のクリックが少し増えました。

ところで、
~続きを読む~をクリックするとその記事の最初から表示されますが、クリックしたらそれ以降の行が表示される方が続きをスムーズに読み進められるのでいいと思うのです!

2「お題目 書いたときだけ アクセスが」

新たな記事を書いても、はてなブログの記事新着紹介ページがないため、読者以外の方が目にすることはほとんどないと思います。
お題目を書けば・・読者以外の方にもさらっと読んでもらえてその時だけアクセスアップするんですが、数日後また元に戻ります(笑。
別にアクセスアップを狙って書いているわけじゃないんですが、記事を公開している以上はやっぱり気になりますよね。
http://maruyosi.hatenablog.com/

続きを読む

今後は・・

1枚の写真が画面いっぱいに大きく映っている。
画面をスクロールすると次の1枚が画面下から現れる。

例えば、
淡墨桜は蕾のときはピンク色、次いで満開の白色、そして散り始めるころに薄墨色。
・遠くに山が見える、ちょっと近づく、そしてさらに近づく。
このような変化を、スクロールすることによって徐々に画面いっぱいに映し出す。
こんなブログ(と言えるかどうか?)を作ってみたかったんです。

でも、ちょっと難点がありまして、PCオンリー、しかも、InternetExplorerではスムーズにスクロール表示できないため Firefox, GoogleChrome, MicrosoftEdge 等でどうぞ、という条件が付きます。
また、映し出される写真の範囲はブラウザのサイズ(縦横比)によって異なります。

この説明だけでは分かりにくいでしょうから、もし興味がありましたら・・。

「五差路写真館」 http://maruyosi.hatenadiary.com/


次に・・

昔は撮った写真で気に入ったものはプリントしてアルバムに貼っていました。
最近そのアルバムを処分しましたが一部はスキャンしてパソコンに保存しました。

その中でも特に懐かしい想い出やお気に入りだけをまとめたブログ(と言えるかどうか?)を作ってみました。
原則として、数枚撮影したとしても1枚、コメント1行、撮影日に遡って投稿です。

「その日その時・この1枚」 http://saitoy05.hatenablog.com/


さらに・・

ADSLが我が家にやってきた2001年秋、いわゆるホームページなるものを作成しました。
「maruyosi's Home」 www.h7.dion.ne.jp/~maruyosi/
でも、今年の10/31をもってそのホームページを提供するサービスは終了となります。
こつこつとHTMLを書いていたWebページがなくなるのです。

コンテンツは最近全然更新していませんでしたが、Debian GNU/Linux 試行錯誤記録、我が家の花・身近な?生き物の写真、HTML,JavaScript関連 などでした。
LinuxやHTML等は最近全然やってませんのでそのページはなくなってもいいのですが、少々惜しく感じるのはアルバム(写真)です。
写真の一部はGoogle+に載せたこともありましたが、それはもう削除してありません。
はてなの別アカウントでフォトライフ http://f.hatena.ne.jp/saitoy052/ にまとめたりしましたが、別アカウントでの管理は面倒です。
さて、どうしましょうか。

ということで、しばらく放置していた g.o.a.t に一部の写真を載せてみました。

「写真帖」 https://maruyosi.goat.me/


今後は・・

いろんなことに手を出してきましたが、そろそろ・・
いきなり全部止めると寂しいので、ブログ「五差路」と「その日その時・この1枚」だけは細々とではありますがしばらく続けていこうかと思っているところです。

トランジスタ・ラジオだぞ

プリント写真の整理はほとんど終えたつもりでしたが、アルバムに貼られていなかった数十枚の写真が引き出しの中から見つかりました。
私自身の写真だったらそのまま捨てたかもしれませんが、アルバムに貼り忘れたであろう子どもの写真です。
その子どもはもう大人であり、「必要?」と聞けば「不要」という返事があるかもしれませんが、子どもたちのアルバムだけは捨てずにそのまま残してありますので、今回見つかったものはアルバムに貼ることにしました。
写真整理はもうこれで終わりにしたいです。

懐かしい取扱説明書も出てきました。「SONY ソリッドステート9」

f:id:saitoy05:20170402160811j:plain:w400

トランジスタ9石だぞ! スーパーヘテロダインだぞ!
お小遣いを貯めて自分で買ったんだぞ! それなのに・・
弟は買ってもらったんだ!(怒・笑。

 

小さくて可愛い思い出

初めて買ったノートパソコンはWindows3.1の COMPAQ Contura Aero 4/33C、今では信じられない16色, HD170MB。16万色,170GBじゃないですよ。画面サイズは640x480、RAMはわずかに4MB、私の財布ではこれに4MBを増設するだけで精一杯でした。本体サイズは260x190x43mmと小さく可愛いらしいものでした。

話は変わって単身赴任・・
金曜日の夕方は残業することなく「では皆さんお先に」と真っ先に会社をあとにして自宅に帰り、月曜日の朝には一番列車に乗って上野・東京と乗り換え、単身社宅のあった駅でいったん降りて社宅へ、そしてまた駅に戻り会社のある駅まで、という通勤を毎週一度繰り返しました。
会社待機(宿泊)は数回ありましたがそれ以外のほとんどの週末は自宅へ帰りました。
心理的な面もあったからでしょうか、金曜日に自宅へ帰るときは3時間強で列車が速く感じられ、月曜日は4時間近くかかってました。(金は元気に月は元気なく)
単身赴任でありながら毎週末にはどうにか自宅へ帰れたのですが、それでも私には二重生活がしんどかったです。
あるとき「行ってくるよ」と言ったら子どもが「もう帰ってこなくていいよ。」
小さくて可愛い子ども、冗談とは分かっているんですけどあのときは結構効きました。忘れられません(笑。

その単身赴任中は携帯電話を持たされました。
まだ大きくて重くて、出歩くときは常に持ち歩けなんて大変だよ、でも、週末に自宅へ帰るのを黙認してくれるから我慢するか、でした。
電話が掛かってきたら場合によっては会社に戻らなければなりません。電話が掛かってきませんように、いつもそう願ってました。
会社との緊急連絡のために持ち歩いたんですが、家族との連絡もあっていいんじゃない、とカミさん用に携帯電話を買いました。自費、高かったですねえ。通話料は・・内緒。
もう機種名は忘れたのですが、フリップをパッチン開け閉めした富士通製のずんぐりむっくり、しかし、小さくて可愛らしいもので、多分、デジタルmova F101 HYPER だったような気がします。

上で述べたパソコンや携帯電話はすでになく、処分するんじゃなかったと今になって思っています。小さくて可愛いかった思い出は大切にしましょう。

特別お題「おもいでのケータイ」 に関する部分は少なかったですね。

sponsored by KDDI

follow me in feedly