読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

朝はまだ寒かった

 真夜中に目が覚め その後眠れずに 秒針の音聞き 夜明け待つ

いつものように早寝したのに、0時半頃に目が覚めた。
コツ コツ コツ 時計の音が聞こえる。
日頃言いたいことが思い出される。次から次へと。
それがストレス解消になったのかもしれない。少しスッキリした。
でも眠れない。コツ コツ コツ 聞こえる。4時半頃まで覚えてる。
その後ウトウト、5時前の新聞配達バイク音で起きた。

夜明け前からドライブできるのは最近ないことだし、出掛けることにしよう。
外へ出てみると星が見えない。朝日を浴びる景色を撮りたかったのに。
やめるか、いや、・・

やっぱり太陽は隠れたままだった。
キャップつけたままシャッター押したり、ピンと合わせずに押したり、三度目の正直‥
f:id:saitoy05:20170301101018j:plain:w300 もう帰ろう。

そうだ、公園の池を撮ることにしよう。。
8時半開園で入れなかった。それじゃもう一つの池にしよう。
駐車場は開いてると思ったけどロープが張ってあった。入れない。
やっぱり帰ろう。

自宅近くのコーヒー店でモーニング。
開店から5分経ってたのに一番乗り。開店が8時じゃちょっと遅いと思うよ。

出掛ける時が0℃、家に戻ったときでも2℃、こんなに寒い日とは思わなかった。

思い出は記憶の中に

元同僚から約2年近く預かっているアルバムが1冊ありました。
設備の写真ばっかりで人が写っているものはごく数枚だけというものです。
旧独身会の懇親会は毎年花見の頃に行われており、2年前にそのアルバムが回覧されたのでした。

40数年前に運用保守していた送信機、空中線、特高変電所その他設備、それに加えて人物が写っているものも多ければ、さらに懐かしさで盛り上がったことでしょう。
そのアルバムはいったん私が預かり、スキャンしてネット上で共有することになりました。

でも枚数が多すぎるなあ、人物主体だったらいいけど設備じゃ面白くないしなあ(写真として残す価値はあるかもしれないけど※)、それに、数ページは下部が虫食いでボロボロになっているし、アルバムから剥がすと元に戻せなくなりそうだし、などと言い訳を考えながら、個別写真ではなくページ毎のスキャンをしたのでした。
(※ 設備の一部は資料館内に保存・展示されていましたが、老朽化・東日本大震災等の影響で現在は立ち入り禁止、見学不可らしいです。)

そのアルバムは1年後に本人へ返す(場合によっては処分可という選択肢もあり)ことになっていましたが、昨年の懇親会は中止になってしまいました。
そしてさらに1年経過、今年は開催しますよ~というメールがあったので、アルバムの所有者に返却・処分について問い合わせました。

返信メールには、
「先日、終活の話しを聞く機会があったのですが、それによると、残された遺族が困るのが、アルバムの扱いなのだそうです。」
思い出となる写真はなかなか捨てきれないと思いますが、やっぱりそうですよね。
メールはそのあとに「ですので、今、決断いたしました。」と続いてました。
「ですので、今」‥「今」… 私が後押ししたみたいです。

ということで、非情な私はそのアルバムを処分することにしました。
とはいえ、どうも気になります。
設備の写真は全て処分しましたが、彼が住んでいた寮の部屋内の様子6枚と本人が写っている2枚、計8枚だけをスキャンして、どうしましょうか、と再度問い合わせました。
返ってきたメールには、
「思い出は記憶の中に残しておくのが美しい、と思うこととします」
とありました。
「と思うこととします」‥?? ホントにいいのかなあ…
最終的にはその2枚だけをメール添付して送りました。

そういえば「結婚したらエイボン川沿いを歩いてみたい」という私の小さくて大きな願いがありました。
昔、エイボン川のほとりを同行の一人と一緒に歩いたときにそう思ったのですが、その願いは叶わぬまま、相手は既婚でしたがその歩いたという楽しい思い出だけがPCの中へ‥
記憶は薄らいでいきます。PCもいつかは壊れます。

f:id:saitoy05:20170226070619j:plain:h170 f:id:saitoy05:20170226070618j:plain:h170 f:id:saitoy05:20170226070620j:plain:h170

maruyosi.hatenablog.com

​ He Suri 滅裂

朝の6時、枕元から1m先に置いてあるスマホに話し掛けた。
「Hey! Siri、おっはよう」返事はない。もう一度、少し大きな声で、
「Hey! Siri!、おっはよう」返事はない。さらに大きな声で、
「Hey! Siri!!、おっはよう」のどが痛い。風邪をひいたみたいで、これ以上は大きな声は出ないんだよ。

Siri はまだ眠っているみたいで返事はなかったけど、隣室で誰かが起き出したようだ。そして、すぐ上の階でも。

おかしいな、隣室には誰もいないはず。それに、上の階はないんだよ。でも、会話が聞こえてきたんだ。まぁ、いいや、起きよう。

と、時計を見ると、まだ2時だった。

ところで、Hey! Siri と呼び掛けても反応しないときがある。あるとき、言われた。
「発音が悪いんじゃないの、へ スリ と聞こえるよ。」「へ?!」
もう少し言いやすい名前にして欲しいもんだ。それにしても便利になったね。

起きるにはまだ早過ぎる。忘れないようにメモしておこう。すぐ枕元のスマホアプリでメモを残し、また布団に潜り込んだ。

Siri も眠る丑三つ時、支離滅裂な夢の中へ。

f:id:saitoy05:20170209064245j:plain:w150

アルバムを捨てる

三連休の最終日(とは関係ないが)、私はついにアルバムを捨てることにした。
プリント写真のアルバムはもう何年間も見ることなく押し入れの中に保管(放置ともいう)している。数年前に押し入れの中を整理したときに、捨てようと思ったけれど捨てきれずに元の位置に戻してあった。

生活をしていればどうしても荷物は増えていく。押し入れの中も一杯になっていく。
アルバムは引っ越し用の段ボール箱に四つ+α、押し入れのかなりのスペースを取っている。これ以上荷物は増やしたくないが、アルバムのスペースをどうにかしたい。

それらの写真は誰が見るんだ? 押し入れの中から引っ張り出して見たか? いいや。
写真を眺めて思い出に浸るのは撮った人写ってる人、所有者だけである。
その所有者が決断すればいいこと。終活のため、荷物を残される人のためにも捨てよう。

1枚1枚、写真を眺めた。「あ、こういうときもあったんだ」「えっ? こんな所へ行ったことがあったのか」「ピカピカの・・」「おっ、撮影会」などと。
いかん、この調子じゃ時間がかかる。途中から見るスピードを上げて数時間。やっと見終えた。この一箱は捨ててよし!

過去の思い出写真を捨てる。本当にそれでいいの?
大丈夫、数年前の押し入れ整理時に、一部をスキャンしてパソコンに取り込んだから。
ほんとは、パソコンで見るのとプリント写真を眺めるのとでは違うんだけどね。

f:id:saitoy05:20170109165645j:plain f:id:saitoy05:20170109165646j:plain

maruyosi.hatenablog.com

(2/22 追記)
元同僚が終活の話を聞く機会があったそうです。それによると、残された遺族が困るのがアルバムの扱いだそうです。

初◯◯

お正月が終わったと思ったら、また3連休ですか、困りましたねぇ、いつ働くんですか。
私はちっとも困りません、年中、土曜日ですから、と言い始めて数年、月日の経つのは早いです。早すぎます。

いつも小食なのですが、年末年始、少しだけ食べ過ぎました。
でも、体重はそんなに増えませんでした。そしてすぐ、元へ戻りました。
体重計がおかしいんじゃないの、とは思いませんが、タニタのBC-521、もう10数年以上も使っています。かなり古いです。そろそろ買い替えの時期じゃないの? という声が・・

注文すると翌日(数日以内)には品物が届くという、昔では考えられない時代です。
カンカン照りでも雨が降っても再配達でも頑張って届けてくれるお兄さんには申し訳ないですが、新しいものを買いました。

タニタ 体組成計 インナースキャンデュアル RD-501

新しいものと古いものとで測り比べました。
体重はピッタシ、基礎代謝量や推定骨量、筋肉量などはほぼ同じ、大きく異なったのは体脂肪率でそれでも1割くらいの違いでした。
こういう測定数値は絶対値として捉えるのではなく日々の変化を見るべきで、どちらが正確かとは言わない方がいいですね。
ということは、今回あえて買い替える必要はなかった、という新年早々の結論です。

宅急便のお兄さんが荷物をもう一つ届けてくれました。はて、何だろう?
三太郎だ!
忘れていましたが、キャンペーンに応募していたんです。当たったんです。

f:id:saitoy05:20170107121112j:plain:w200:left 三太郎グッズ 鬼ちゃんブランケット
110x80cmくらいの大きさで、収納ケース付です。
さて、これを持ってどこへ出掛けましょうか?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
follow me in feedly