五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

好きなように生きる?

この世に授かり育てられ、やがて就職自立し、結婚育児、退職、そしていつか訪れる死。
その間、いろんなことがある、あった。

自分のことは自分で決める。
他の人や世間一般はそうかもしれないが自分はこうだ、と端から撥ねつけない。
かといって、多数決に傾くのではない。
決めかねるときには意見助言をありがたく頂く。その助言を参考に自分で決める。

理想論だが、自分のことだったらそのように行動できる。自分のことじゃなかったら‥。
自分のことは自分で決めてきたんだから相手に押し付けは出来ない。
助言しようとしても相手が受け付けなかったら・・どうすればいいんだ。

病気になる前に好きなように生きる。病気になったら好きなことは出来なくなる。
その病気を治そうとしないの? 諦めちゃだめだよ。

でもなぁ~。
どうせいつかは死が訪れるんだ。だったら、今、そしてこれから、出来ることは何か。
今・この時をそれなりに(楽しく)生きていくしかない。

マイナス面だけ考えてないで開き直ってみたら少しは楽になった。

月日が流れる・・ 生きていくためには・・
健康な心と体、それを維持していくための環境、資金。

幸せって何だろう。
親と子、夫と妻、嫁と姑、世間はどの程度うまくやってるんだろう。

夢見る時悠生活には程遠い毎日である。心の余裕が欲しい。

(コメント返信できません)

○の居ぬ間に洗濯

友達と1泊旅行に行くというので駅まで送っていった。
梅雨の時期であり台風による心配もあったが、幸いにも宿泊先の今日明日は大雨はなさそうである。のんびりと過ごして日頃のストレスを解消してほしいものだ。

家に帰って何気なく鏡を見た。
おっ、いつもと違う顔じゃないか。なんか顔が緩んでいるぞ。
そりゃそうだ、のんびり過ごせるのはこの私もなんだ。お互いに良かったじゃないか。
頻繁だとちょっと困るけど、たまにはお互い好きなようにのんびりと過ごすのはいいことだ。月に1回はいいぞ。もっと‥? いや、それくらいでいい。

さて、何をするかな。○の居ぬ間に‥
洗濯は毎日やっているからたまには部屋掃除、普通に生活していても埃は溜まっていく。昨日、カレンダーを今月分に変えたら棚の上の方からかなりの埃が落ちてきた。
次に、風呂は毎日洗っているつもりでもあちこち黒ずんできている。こりゃ漂白が必要だ。刺激臭が漂うからほかに誰もいない時がいい、そう、今回のように。
あとは、夕方明るいうちからビールを飲もう。これはいつもと変わらないけど。
そして、明日は‥ 夕方まで特にないなぁ。

なんて考えてるうちに、もう半日が終わりそうである。

シルバーゴールドのぼやき

現在の運転免許証はシルバーながらゴールド!である。
でも正直言って、心・体力の維持が危うくなってきている。
4年後は高齢者講習を受けて免許更新、どうにかそこまではいきたい。大丈夫かな。

maruyosi.hatenablog.com

運転していて、これから行く先はどこだっけ、どの道を通ればいいんだ、と、ふと忘れることがある。ふと なんだけれど、これがいつも、となったら困る。
平均寿命が延びたとはいえ、自分自身よくここまで生きてこられたと思っている。(と言うと、もっと年配の方に怒られるけれど。シニア友は私と違ってホントに元気なんだ。)

今住んでいるところは車がないと生活に少々支障をきたす(その言い方は大袈裟としても不便となるのは確かである)。
マイカーの維持費だけを考えればその都度タクシーを使ってもいいんだろうけれど、そんな問題じゃない。好きな時間に好きな所へさっと出掛けられる、これが前提である。
そういう前提で言えるのは、健康で運転に支障がない、というさらに大きな前提があってのこと。
あなたは今日から運転できません、と言われたらどうする?
困った、困ったなあ、困るよ、と言ったって、運転できなくなったら・・。
・・過去には戻れない。

・・・

月日の経つのは早いもので・・あれからもう〇年・・なんて書くことが多い。
年をとったからだろうか。でも、そう書かざるを得ないくらい時間の進みが早いのだ。
その日その時を大切にしよう、なんて書いているのにそう出来ていない。
徐々にあるいは急激な心身・環境の変化がある。
どうせいつかは、などと半ばやけ気味に考えることが多くなってきている。
自身がそうなのだから家族にアドバイスなんて出来るわけがない。
この先のことを考えると…

微妙なバランス

f:id:saitoy05:20170218094138j:plain:h250 f:id:saitoy05:20170218103005j:plain:h250
部屋の冷暖房の風や人の動きを感じて時々静かに動きます。球の中には小さな人形2体が入っておりバランスを取っています。
こういうものには近づかない方がいいです。決して手で動かしたりしない方がいいです。

2個の網目状の球体は糸によって赤い棒の両端から吊られていますが、その赤い吊り天秤棒は真ん中ぐらいの所で折れ曲がっていますね。
確か以前は真っ直ぐだったはずなんです。そして、2個の球体は同じ高さではなかった…  ある程度の高さの違いを保ちながら、ユラリユラ~リ、かなり絶妙なバランスだなあ、そういう記憶があります。

これは50cmくらいの高さの所に置いてあるのですが、実はあるとき、うっかり触って落としてしまいました。
しまった~! 慌てて元の位置に戻したのですが、あれ、吊っていた赤い棒は確か真っ直ぐだったよ、そう思いましたけど真っ直ぐにはしませんでした。
球体の内側でもバランスを取っていることに気がついたのはつい最近という疎さですし、真っ直ぐだったのか曲がっていたのか確たる自信はないし、ポキッ!が怖いです。

知らんぷりして生活していますが、気がついてるのかついてないのか、これに関しては争いは起きていません。唯一の目撃者・息子は年に2回くらいしか帰ってきません。微妙なバランスが取れています。

日常の生活においてはバランスが大切です。
心・体、食事、仕事・報酬、権利・義務、保険金・掛金・貯蓄額、欲望・充足・理性、会話、その他何でも程よいバランスが取れていれば穏やかな時悠生活を送れます。
あるときそのバランスが崩れたら… 連鎖反応で他にも波及し、そして…
そうならないように、常日頃から何でも言い合える・理解し合える、そういう関係でありたい… というのは理想であって、現実は時々バランスが崩れ、でもそれをどうにか修復してまたバランスを保ち、そのうちにバランスが大きく崩れたら。。

何を言いたいのか理解できないであろう・バランスの取れない内容の五差路に時々迷い込んでいます。ご勘弁を。

---
絶妙なバランス保ち 幸せはいつまで続く 時悠生活 (赤い吊天秤棒は折れ曲がって..)
弱く吹く ユラリユラリと動き出す 強く吹く 吊り糸絡み 汗
 

follow me in feedly