読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

・・・

時悠雑記 家庭社会

月日の経つのは早いもので・・あれからもう〇年・・なんて書くことが多い。
年をとったからだろうか。でも、そう書かざるを得ないくらい時間の進みが早いのだ。
その日その時を大切にしよう、なんて書いているのにそう出来ていない。
徐々にあるいは急激な心身・環境の変化がある。
どうせいつかは、などと半ばやけ気味に考えることが多くなってきている。
自身がそうなのだから家族にアドバイスなんて出来るわけがない。
この先のことを考えると…

微妙なバランス

家庭社会 575≒

f:id:saitoy05:20170218094138j:plain:h250 f:id:saitoy05:20170218103005j:plain:h250
部屋の冷暖房の風や人の動きを感じて時々静かに動きます。球の中には小さな人形2体が入っておりバランスを取っています。
こういうものには近づかない方がいいです。決して手で動かしたりしない方がいいです。

2個の網目状の球体は糸によって赤い棒の両端から吊られていますが、その赤い吊り天秤棒は真ん中ぐらいの所で折れ曲がっていますね。
確か以前は真っ直ぐだったはずなんです。そして、2個の球体は同じ高さではなかった…  ある程度の高さの違いを保ちながら、ユラリユラ~リ、かなり絶妙なバランスだなあ、そういう記憶があります。

これは50cmくらいの高さの所に置いてあるのですが、実はあるとき、うっかり触って落としてしまいました。
しまった~! 慌てて元の位置に戻したのですが、あれ、吊っていた赤い棒は確か真っ直ぐだったよ、そう思いましたけど真っ直ぐにはしませんでした。
球体の内側でもバランスを取っていることに気がついたのはつい最近という疎さですし、真っ直ぐだったのか曲がっていたのか確たる自信はないし、ポキッ!が怖いです。

知らんぷりして生活していますが、気がついてるのかついてないのか、これに関しては争いは起きていません。唯一の目撃者・息子は年に2回くらいしか帰ってきません。微妙なバランスが取れています。

日常の生活においてはバランスが大切です。
心・体、食事、仕事・報酬、権利・義務、保険金・掛金・貯蓄額、欲望・充足・理性、会話、その他何でも程よいバランスが取れていれば穏やかな時悠生活を送れます。
あるときそのバランスが崩れたら… 連鎖反応で他にも波及し、そして…
そうならないように、常日頃から何でも言い合える・理解し合える、そういう関係でありたい… というのは理想であって、現実は時々バランスが崩れ、でもそれをどうにか修復してまたバランスを保ち、そのうちにバランスが大きく崩れたら。。

何を言いたいのか理解できないであろう・バランスの取れない内容の五差路に時々迷い込んでいます。ご勘弁を。

---
絶妙なバランス保ち 幸せはいつまで続く 時悠生活 (赤い吊天秤棒は折れ曲がって..)
弱く吹く ユラリユラリと動き出す 強く吹く 吊り糸絡み 汗
 

入院 !?

家庭社会

昨年の秋のことである。ご近所の奥さんから聞かれたそうだ。
「ご主人、入院された(されてる)んですか?」
え?!、私はこの通り、普通の生活を送っているよ。

テレビを見ていると、容疑者の顔写真が映し出される。Facebookの写真が使われることもある。罪を犯すつもりはないがそういう形でFBの写真を使われたくないな。
義理で付けてくれる いいね! そのお返しをしないと義理に欠ける?。
この際、終活の一環としてFBアカウントを削除、とFBにおさらばした頃の入院話である。
これは私の推論であるが、私が突然FBをやめたのを不思議に思ったFB友が私の近所に住む友に尋ねたら、いつの間にかその友の奥さんとの話の中で私が入院となった、ということではないだろうか。

最近、シニア友の一人からメールを頂いた。
「入院とお聞きしましたが体調はどうですか」
シニア友s とは一緒に学んだり行動したりしてきたが、今春以降、私がパタッと参加しなくなった。
私よりずっと年上なんだけれど、みんなの行動についていくだけの体調に自信を持てなくなったからである。そしていつの間にか、みんなの間では私が入院していた??…。
それを心配してくれたのであった。まだ入院してないよ、早速、返信した。

あぁ、入院話が1年間で2回も。でも、
ご無沙汰していても心のどこかで気にかけてくれている友。嬉しいことである。

もし入院するなら暖かいときがいいな。そして、あちこち悪くなったところを治したい。
評判のいい病院・先生を誰か紹介してくれないかなあ、ホント。

最近、車の運転が荒くなった、性格がさらに悪くなった、と言われた。
性格までは治せないなあ。治せるんならもうとっくの昔にいいおじぃさんになってるよ。
車の運転はともかく、性格の件に関してはそのまま言い返してあげたい。

(この記事は 別ダイアリー(後ろ向き)とりあえず書いてみる に載せようと思ったのですが、この程度なら読後不快感はまだ少ないですよね)

1122

家庭社会

今日は「いい夫婦」の日だったんですね。忘れていました。
次第に遠のいていくような・・。

www.fufu1122.com

一人、旅

家庭社会 時悠雑記

「ただいま」と言ってもその返事はない。
「誰もいるわけないよな」とつぶやき、さて、何しようかな。
時間はたっぷりあるはずなんだけど、いつもと違う生活。
やるべきことがないわけではない。何から手をつけていけばいいのやら。

身体を鍛えても優しくはなれないかもしれないけれど、優しい人であり続けるためには、基礎体力が必要なのだと思う。 - いつか電池がきれるまで

確かにそうだと思う。
体力が落ちれば心にも余裕がなくなる。つい、荒げた言動になったりもする。
それは分かっているんだけど、受ける側としては・・
・・と勝手なことを言っているが、私自身、以前は相当荒げた言動をしたこともあった。
年をとって少しは丸くなった(と思う)。今になってはもう遅いけど、反省。

独り身はいいなぁ、一人旅ができて、と思ったこともあったけど、いざ一人になってみると・・今ではやっぱり寂しいね。
そうだよ、道南旅行のとき、列車1両にたった1人というのが結構長い時間続いて、それ以降、それまで好きだった一人旅は止めたんだろうよ。

一人旅もいいけど二人旅もいい。家族の旅行もいい、グループ旅行もいい。
旅のできるときに旅をしておこう。そして楽しい思い出をたくさん作っておこう。体力のあるうちに。
子は親元を離れて二人となり、そしていつかは一人となる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
follow me in feedly