五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

コスモス と 滝

鬼怒グリーンパークの宝積寺エリア(高根沢町宝積寺、鬼怒川左岸)で10/7~22、コスモスまつりが開催される。
その開催前の空いているとき、ということで先日、コスモスを観に行ってきた。
2.2ヘクタールの畑に約100万本、どんな咲き具合なんだろうか。因みに、益子町生田目地区は13ヘクタールに1000万本?、国営ひたち海浜公園は200万本らしい。

行く、と決めていても当日の朝になると、青空が欲しいのに曇りだ、明日の方が天気が良さそうだ、足腰が痛い、などと言い訳をして出掛けないことが多い。
その日の朝もそうだった。今日もお腹の調子が良くないぞ、見合わせた方がいいんじゃない? でも毎日ほとんど歩かないのだからそのうち歩けなくなるよ、それもそうだ、でもなぁ、などとしばらくグズグズしていたが、自ら尻を叩いてやっと出掛けたのであった。

一見弱そうに見えるコスモス、実は強いんだぞ。風で倒されたって元気を出して茎を立て直して咲くんだ。咲いてる姿だけではなく蕾も可愛いだろ!

f:id:saitoy05:20171005100854j:plain
f:id:saitoy05:20171005102839j:plain
f:id:saitoy05:20171005105006j:plain
f:id:saitoy05:20171005101550j:plain
f:id:saitoy05:20171006152700j:plain
f:id:saitoy05:20171006152658j:plain
f:id:saitoy05:20171006152657j:plain

コスモス群を目の前にしても、なぜか、寂しさというか何だろう、楽しいという感じはしなかった。時々写真を撮りながら、独りでぐるっと歩いた。

心を満たされぬまま帰りたくないので、たまたま知った龍門の滝へ紅葉の下見に行ってみることにした。

龍門の滝は幅65m落差20m、「とちぎの百様」によると「栃木のナイアガラの滝」とも言われるらしい。 http://www.100sama.tochigi.jp/

f:id:saitoy05:20171005122246j:plain
f:id:saitoy05:20171005121814j:plain
f:id:saitoy05:20171005121358j:plain
流量は少なかったけど紅葉は期待できそうである。

龍門の滝は、国道4号で鬼怒川を渡り終えた宝積寺交差点から県道10号に入り那須烏山市へ東進、滝駅交差点を右折して1.2km先の烏山線滝駅・踏切を過ぎればまもなく。駐車場は踏切から240m先の右側。
龍門ふるさと民芸館脇の遊歩道階段で滝のそばまで降りられる。民芸館内には滝を見下ろせる展望階、パワースポットの龍門洞、民話・伝説紹介コーナーなどがある。

彼岸の花

ブログやTwitterを眺めていると彼岸花の写真が流れてきた。
今年は撮りに行くつもりはなかったけどそんな写真を何度も目にすると、私も行かなきゃならないのかなと思ったりして、さてさて、どうしようか。

どこへ行く?
巾着田500万本、権現堂堤350万本、見事だろうなあ。権現堂堤には昨年行った。

maruyosi.hatenablog.com

県内茂木町の城山公園45万本。。
近場でいいや、市内の 乙女かわらの里公園5万本? と 大沼親水公園?千本。群生よりは個々の姿かたちを主体に…。
ホントは今日の方が都合が良かったのだが昨日時点での予報は曇りだった。光も取り入れたいからと、晴れていた昨日の○○の帰り道に遠回りしてチョイ撮りしてきた。

f:id:saitoy05:20170921111401j:plain
f:id:saitoy05:20170921112321j:plain
f:id:saitoy05:20170921132417j:plain
f:id:saitoy05:20170921132441j:plain
f:id:saitoy05:20170921133339j:plain
f:id:saitoy05:20170921134056j:plain
f:id:saitoy05:20170921134613j:plain

f:id:saitoy05:20170921134635j:plain
f:id:saitoy05:20170921134729j:plain

見た目の妖艶さ華やかさと違って、全草有毒な多年生球根植物の彼岸花曼珠沙華
私の好きな花には毒のあるものが多い。

Wikipedia
花言葉:「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」「転生」「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」
迷信:花の形が燃え盛る炎のように見えることから、家に持って帰ると火事になる など

 

猛暑再び

猛暑が戻ってきました。
走行中、36~37℃でしたが、帰宅して撮ろうとしたら遠慮して36℃になりました。
f:id:saitoy05:20170824174940j:plain:w300

暑い! まだまだ暑い、これから頑張るぞ~
f:id:saitoy05:20170824174941j:plain

きをつけ~っ
f:id:saitoy05:20170824174946j:plain

やすめっ
f:id:saitoy05:20170824174945j:plain

ざわざわ
f:id:saitoy05:20170824174944j:plain

うしろむけ~ うしろっ
f:id:saitoy05:20170824174943j:plain

ハイブリッドサンフラワー & 白っぽいセーラームーン
f:id:saitoy05:20170824174942j:plain

f:id:saitoy05:20170824174939j:plain

「かみのかわサンフラワー祭り」は8/25~27、日産栃木自動車大学校北側(上三川町上郷)の特設会場で開かれます。
駐車場は会場近くに数ヶ所、私は磯川緑地公園の北側駐車場に停めました。

maruyosi.hatenablog.com

ひまわり娘

むっかしむかし、
 もっとつよくだきしめてよ・・
あ、今の時期に合わなかったですね、それじゃぁ、
 だれのためにさいたの それはあなたのためよ・・
もう43年も前になるんですね。

下都賀郡野木町のひまわりフェスティバルは7/28から30までの3日間でした。
約4.3haに約20万本のひまわり、フェスティバル前日にすぐそばを通ってチラッと見ただけで車を停めることなく帰ったのでした。でも‥

わざわざ撮りに出掛けたことのなかった、夏の暑さに負けぬ元気をもらえそうな、ヒマワリ、ひまわり、向日葵…、その後も気になっていたので、フェスティバルが終わった数日後に再び行ってみました。

フェスティバルが終わってホッとしたのか、前日のゲリラ豪雨に負けたのか、多くのひまわりは下を向いてうなだれていました。
そんな中、暑さに負けずに(当日は霧雨がチラ降る涼しい日でしたが)頑張ってるものを車でちょこちょこ移動しながら探し求めてきました。

みんなと同じ方へ向かないへそ曲がり
f:id:saitoy05:20170802092456j:plain

f:id:saitoy05:20170802092347j:plain

f:id:saitoy05:20170802093515j:plain
そうそう、実は、「2017 夏/ミミズのマフラー」の真っ正面に風を受けているような横顔写真にショックを受けていたんです。

真似てみました。
f:id:saitoy05:20170802093345j:plain:w500
ダメでした。あそこまでオールバックになってるものは見つけられませんでした(笑。

日を浴びて あなたのために 咲いたのよ

f:id:saitoy05:20170802093640j:plain

ふれあい橋を渡らずに

昨夕は大雨洪水警報、激しい雷雨でした。今日もお昼過ぎから雷雨です。
雨が止んで窓を開けても部屋の中はあまり涼しくなってくれません。
昼も夜も暑く、どうしようもないグッタリな日々です。

そんな暑い日が続いて、どうやら暑さに慣れてきたようです。
というのは間違いで、年をとって暑さ寒さに鈍感(体温調節機能の低下)になってきたんでしょう。
温度計を見て、えっ! こんなに暑いの・・ というときがあります。
つい先日、体中がかっかっと熱くなってきました。これはまずいかも、というくらい。
涼しい部屋で水分補給が必要ですね。
日によってはお昼から(水分補給にはなりませんが)ビール! 休肝日が最近ありません。

健康のために毎日1万歩(最近は8千歩)歩きなさいと言われているのに、出歩いたとしても3~4千歩くらい、ほとんどが出歩かない毎日ですので、階段の上り下りがきつくなりつつあります。

もうすぐ歩けなくなります。
‥は困るので、暑いけど先日ちょっとだけ出掛けてみました。

5月下旬に一度訪れた、上三川町の磯川緑地公園です。今回は北側駐車場に停めました。
直射日光は遮られましたけど、湿度は高かったです。

f:id:saitoy05:20170712094604j:plain
f:id:saitoy05:20170712095833j:plain
f:id:saitoy05:20170712100914j:plain

ふれあい橋は渡らずにここから戻りました。途中で会った散歩おばさんとまたすれ違いました。「毎日暑いですねぇ。」往復約2.8km、ちょうどよい散歩コースです。

f:id:saitoy05:20170712102404j:plain
f:id:saitoy05:20170712102606j:plain
f:id:saitoy05:20170712103657j:plain

わんこ2匹連れ2人おばさんから「四阿の屋根の上でオオムラサキが休んでいたよ」と聞いたのでまた立ち寄ってみましたが、休憩時間は終わっていたようです。残念。

maruyosi.hatenablog.com

(おまけ)
我が家のツマグロヒョウモンです。私の周りを飛んだり足元に舞い降りてくれました。
f:id:saitoy05:20170709105213j:plain
もう7月中旬ですが、プランター一つだけまだパンジーを咲かせています。
そう、このツマグロヒョウモンの幼虫のためです。お礼のために私の周りを舞ってくれた
ということにしておきます。
でも、今年見掛けた幼虫は2匹、蛹はたった1つだけなんですよ。