五 差 路

五叉路に差し掛かったとき信号・標識がなかったら通行にちょっと戸惑いませんか。あっちこっちからいろんな人が出会う交差点、どちらに進むのかよく分からない五叉路、そういう迷いを感じながら始めたブログ "五差路" です。

今後は・・

1枚の写真が画面いっぱいに大きく映っている。
画面をスクロールすると次の1枚が画面下から現れる。

例えば、
淡墨桜は蕾のときはピンク色、次いで満開の白色、そして散り始めるころに薄墨色。
・遠くに山が見える、ちょっと近づく、そしてさらに近づく。
このような変化を、スクロールすることによって徐々に画面いっぱいに映し出す。
こんなブログ(と言えるかどうか?)を作ってみたかったんです。

でも、ちょっと難点がありまして、PCオンリー、しかも、InternetExplorerではスムーズにスクロール表示できないため Firefox, GoogleChrome, MicrosoftEdge 等でどうぞ、という条件が付きます。
また、映し出される写真の範囲はブラウザのサイズ(縦横比)によって異なります。

この説明だけでは分かりにくいでしょうから、もし興味がありましたら・・。

「五差路写真館」 http://maruyosi.hatenadiary.com/


次に・・

昔は撮った写真で気に入ったものはプリントしてアルバムに貼っていました。
最近そのアルバムを処分しましたが一部はスキャンしてパソコンに保存しました。

その中でも特に懐かしい想い出やお気に入りだけをまとめたブログ(と言えるかどうか?)を作ってみました。
原則として、数枚撮影したとしても1枚、コメント1行、撮影日に遡って投稿です。

「その日その時・この1枚」 http://saitoy05.hatenablog.com/


さらに・・

ADSLが我が家にやってきた2001年秋、いわゆるホームページなるものを作成しました。
「maruyosi's Home」 www.h7.dion.ne.jp/~maruyosi/
でも、今年の10/31をもってそのホームページを提供するサービスは終了となります。
こつこつとHTMLを書いていたWebページがなくなるのです。

コンテンツは最近全然更新していませんでしたが、Debian GNU/Linux 試行錯誤記録、我が家の花・身近な?生き物の写真、HTML,JavaScript関連 などでした。
LinuxやHTML等は最近全然やってませんのでそのページはなくなってもいいのですが、少々惜しく感じるのはアルバム(写真)です。
写真の一部はGoogle+に載せたこともありましたが、それはもう削除してありません。
はてなの別アカウントでフォトライフ http://f.hatena.ne.jp/saitoy052/ にまとめたりしましたが、別アカウントでの管理は面倒です。
さて、どうしましょうか。

ということで、しばらく放置していた g.o.a.t に一部の写真を載せてみました。

「写真帖」 https://maruyosi.goat.me/


今後は・・

いろんなことに手を出してきましたが、そろそろ・・
いきなり全部止めると寂しいので、ブログ「五差路」と「その日その時・この1枚」だけは細々とではありますがしばらく続けていこうかと思っているところです。

ふれあい橋を渡って

真夏を思わせる暑さが続いた数日前、「あぁ、昨年のように今年も体調を崩したらどうしましょ」と、暑さを我慢していました。
外に出ると日差しが強く、でも、日陰に入ると暑さが意外と弱く感じました。
「そうか、家の中にいないで、木陰を利用すればいいんだ」という思いつきで出掛けてみました。少しは体のために良かったのかな。

磯川緑地公園は上三川町の日産栃木工場の東側に位置します。
f:id:saitoy05:20170523113146j:plain
駐車場は北側と南側の2個所、今回は南側に停めました。(トイレは北側がいいです)
全行程1430m(南口~1023m~ヒゲ沼~407m~北口)です。
とちぎの道と川100選・栃木の自然100選とありますが、二十数年前選定のようです。

この ふれあい橋 を渡ります。
f:id:saitoy05:20170523113433j:plain
この橋を渡り始めると鳥のさえずりが聞こえるんです。渡り終えるまで。行きも帰りも。
渡り終えてどんどん進んでいくと、ウグイスの鳴き声が聞こえました。「あ、あのオジサンが来てるのかな。」と冗談独り言です。(昨年の自然観察セミナーですが、どこへ行ってもウグイスの鳴く真似をするオジサンがいたんです/笑)

以下、写真を貼り付けるだけにします。

f:id:saitoy05:20170523113910j:plain

f:id:saitoy05:20170523114047j:plain

f:id:saitoy05:20170525063249j:plain

f:id:saitoy05:20170523115202j:plain

f:id:saitoy05:20170523115432j:plain

f:id:saitoy05:20170523120123j:plain

途中で畑を見る
f:id:saitoy05:20170523120237j:plain

f:id:saitoy05:20170523121355j:plain

f:id:saitoy05:20170523121625j:plain

自然に触れ合い、さえずりを聞き、木道の感触を楽しみながら、のんびりゆっくりと。

サボテン 五分の三

f:id:saitoy05:20170525101737j:image

f:id:saitoy05:20170525101747j:image

今日は五分の三。一つはもうすぐ、さらにもう一つ(1枚目右下)は大きく出遅れて..

(5/26 追記)
右下のつぼみは今朝咲いていました。
1枚目に辛うじて写っている小さなつぼみは忘れた頃に咲くんでしょうか。

今日の薔薇

我が家のミニバラが咲きました。
f:id:saitoy05:20170522122517j:plain
f:id:saitoy05:20170521131040j:plain

我が家のバラは数年前に頂いたこの1鉢だけで、これ以外のバラを初めて撮影したのは昨年の春シーズンを終えたあとでした。

maruyosi.hatenablog.com

4200平方メートルに約290種2100株のバラと紹介されている井頭公園(バラ園)の咲き具合はどうでしょうか。そろそろ? まだ?
よし、出掛けられるときに出掛けましょう。そして、今日の咲き具合を楽しみましょう。

写真を貼り付けるだけにします。

ミラベラ
f:id:saitoy05:20170523094803j:plain

f:id:saitoy05:20170523095109j:plain

f:id:saitoy05:20170523095331j:plain

ブルームーン
f:id:saitoy05:20170523095603j:plain

スカーレットクイーンエリザベス
f:id:saitoy05:20170523095928j:plain

希望
f:id:saitoy05:20170523100312j:plain

f:id:saitoy05:20170523100410j:plain
カクテル
f:id:saitoy05:20170523100914j:plain
f:id:saitoy05:20170523101024j:plain

日光
f:id:saitoy05:20170523101719j:plain

フリージア
f:id:saitoy05:20170523102212j:plain

モナリザ
f:id:saitoy05:20170523102343j:plain

彩雲
f:id:saitoy05:20170523102940j:plain

井頭公園の各施設は通常毎週火曜日が定休、今日は火曜日でした。でも、今日は5/23。
花ちょう遊館の入館料は大人一般410円ですが栃木県都市公園条例により、5/23及び10月第1日曜は無料です。県民の日6/15も無料のようです。
ということで、花ちょう遊館へも運良く立ち寄ることが出来たのでした。

真岡市の井頭公園は入園料や駐車料が無料、四季を問わずふらっと出掛けるのにいい場所です。
https://www.park-tochigi.com/igashira/wp/wp-content/uploads/2016/06/2016.pdf

まもなく・・の時期

シャコバサボテンの新芽が伸びてきた。楽しみである(次の冬が/笑)。
f:id:saitoy05:20170514135514j:plain:w500

数年前に適当に地植えしたら花が咲いたのだが、その後の数年間は花を見ることはなかった。放置しておいたら一部枯れながら徒長気味・不格好に育ち、それでも頑張って冬越ししてくれていた。そして今年、また花が咲いた。
f:id:saitoy05:20170514132810j:plain:w500

ミニバラも咲き始めた。写真を撮ろうとしたらアブラムシがいっぱいだ。そういえば、最近やけにアリが多いと思っていたんだ。興ざめしてしまったが、せっかくなので撮ることにした。さあ、どうぞ、あなたへの薔薇だ。アブラムシは付いてないよ!?
f:id:saitoy05:20170514132701j:plain:w500

現実に戻って・・まもなく梅雨の時期、毛虫の時期でもある。年をとって庭木や草花の手入れが負担に感じるようになってきた。庭の植物へも終活が必要だ。

follow me in feedly